コラム「透視図」

RSS

日欧EPAの今後

2017年7月25日

 ビールのおいしい時期である。殊に汗を流した後の最初の一杯は至福と言っていいのではないか。筆者もおととい、北ガス「6時間リレーマラソン2017in札幌ドーム」に会社の同僚らと参加し、打ち上げでそんな一杯を楽しんだ
 ▼ただ腹が膨れるため延々飲み続けてはいられない。切り替えの有力候補の一つは冷酒だろう。締めにもりそばをすすりながら、キンと冷やした日本酒を口にするのも乙なものである。酒を大いに好んだ文人若山牧水の一首を思い出す。「足音を忍ばせて行けば台所にわが酒の壜は立ちて待ちをる」。まあ、ここまでくると少々行きすぎの感がないでもないが、気持ちはよく分かる
 ▼菅官房長官が23日、酒米の「山田錦」を特産とする兵庫県三木市を視察で訪れ、日本酒の対欧輸出を拡大する考えを表明した。欧州の酒愛好家たちにも牧水の思いを共有してほしいということだろう。EUとの経済連携協定(EPA)で日本酒にかけられていた関税の即時撤廃が決まったからである。日本酒の魅力は全国に数多くある中小零細の蔵が良質で個性的な酒造りをしているところにある。欧州で市場が広がれば地域経済は潤い、ゆくゆくはワインのような産地観光も期待できよう
 ▼ただこのEPA、喜んでばかりもいられない。本道と競合するチーズの輸入枠拡大と税率引き下げでも合意しているのだ。小さな酒蔵のように個性豊かなチーズ作りで伸びようとする工房の芽が摘まれてはかなわない。過保護は必要ないが、EPAを決めた政府の責任として国内産業を育てる工夫もいる。

ページの先頭へ


逃げ水

2017年7月22日

 炎天下に舗装された道を進んでいくと、遠い視線の先にキラキラ輝く水面が見える。子どものころ思わなかっただろうか。あそこには湖でもあるのかな―と。言うまでもないが蜃気楼(しんきろう)の一種「逃げ水」である。どこまで行っても追い付きはしない
 ▼「片思いさせて逃水逃げにけり」藤原りくを。本道では夏の風物詩との印象があるものの実は春の季語。要は日差しが強くなると逃げ始めるということだ。黒田東彦日銀総裁が20日の金融政策決定会合後の会見で、物価上昇目標2%の達成は2019年度頃と時期の1年先送りを表明した。総裁に就任してからこれで6回目の先送りになるという。追っても追ってもたどり着けない。黒田氏もそろそろ逃げ水を追っている気分になってきたのではないか
 ▼金融緩和と財政政策により海外取引や雇用状況は上向きなのだが、いかんせん消費者の節約志向にはまるで変化が見られない。笛吹けど庶民は踊らず。デフレの日差しはずっと照り付けたままである。このところ続く厳しい暑さのせいでもあるまいが、やはり最近、他のところでも逃げ水を見た。内閣府が18日の経済財政諮問会議で、20年度の基礎的財政収支が8・2兆円の赤字になるとの試算を明らかにしたのである。つまり黒字化目標が逃げていったわけ
 ▼日銀も政府も潤い豊かなオアシスを目指して走ってきただけに、相次いで逃げ水と分かった痛手は大きい。国民からも本当にそこに水があるのかと疑いの声が出てこよう。いつまでも炎天下を歩かされるのではたまったものではない。

ページの先頭へ

自転車の事故

2017年7月21日

 自転車で歩道を走っていた男性が高齢の女性と衝突し、勢い余って歩道沿いの建物の壁に頭を強く打ちつけ死亡した。札幌市内でおととい発生した事故である
 ▼現場となった歩道では自転車の走行が認められていたそうだが、男性はかなりスピードを出していたらしい。自転車と歩行者が衝突した交通事故で、自転車の運転者が死亡する事例は珍しいという。この事故の報を聞き、当方としてはとても身につまされた。高校生のころほぼ同じ経験をしたからである。そのときも歩道で相当スピードを出していた。前方に自転車を押して歩いてくる高齢の男性が見えたが、若干距離を取れば大丈夫と思いそのまま抜けようとしたのが大間違い。目前で男性が自転車をこちらに向けたのである
 ▼そこに衝突した当方は自転車ごと宙に舞い、地面に叩き付けられた。男性も額を少し切った。お恥ずかしい話。何よりスピードの出し過ぎがまずいし、人の動きなど予測できるはずもない。一つ違えば重大な事故になっていた。今も自転車に乗るがだいぶ慎重になった。それだけに他の人の危険行為が目に付く。スピードの出し過ぎや無灯火の多さは相変わらずだが、最近はスマホを見ながらの運転が増えた。たまに「ながら」のまま信号無視をする人までいて、見ているこちらの方が身が縮む
 ▼自転車の快適な季節である。ただ甘く見ていると命を危険にさらす。自戒を込めて言わせてもらえばやはり若い人は無謀運転をしがちだ。事故を起こすと取り返しはつかない。お子さんやお孫さんにもぜひ伝えてあげてほしい。

ページの先頭へ


蓮舫民進党代表が謝罪

2017年7月20日

 一本しかない大切な仕事道具のおのを誤って川に落としてしまったきこりの前に、一人の女神が現れこう尋ねた。「あなたがなくしたのはこのおのですか?」。見ると持っているのは光り輝く金のおの。イソップ童話の一つ「金のおの」である
 ▼きこりがうそをつかず鉄のおのと答えたため、その正直さを喜んだ女神が金と銀のおのも贈ったのはご存じの通り。もっとも鉄でなければ木を切る役には立たないわけだが。さて、こちらも誤って記憶を川に落としてしまったのか、それとも知らぬふりをしていたのか。民進党の蓮舫代表のことである。「あなたは二重国籍でしたか」との問いに、長らく「自分の国籍は日本のみ」と答えていた
 ▼蓮舫氏はおととい記者会見を開き、戸籍謄本などを公表して謝罪した。昨年まで台湾籍が残っており、初当選した2004年参院選の選挙公報に書いた「1985年、台湾籍から帰化」が事実でなかったことをあらためて認めたのだ。川の女神も有権者もがっかりではないか。今回の件では一部マスコミや識者から、戸籍の公表は出自による差別を助長するとの声も挙がっているが考えすぎだろう。野党第一党の代表として、有権者と法に対しての誠実さや政治倫理が問われているだけ。勘違いに気付いてからも説明責任を果たそうとしなかった蓮舫氏が自ら招いた事態である
 ▼さて童話は後から強欲なきこりが出てきて、金のおのこそ自分の物だとうそをつき何もかも失ってしまう。蓮舫氏の場合だと信頼だろうか。氏と民進党がそれを取り戻すのは容易ではない。

ページの先頭へ

サンマ漁獲枠

2017年7月19日

 ポップス調の歌で魚を題材にしたものはあまりないと思うが、以前よく聴いていた音楽集団「上々颱風」には「秋刀魚の唄」というのがあった
 ▼付き合っていた人と別れた女性が、一年前は黒焦げのサンマ1匹を二人で分け合って食べたのに、ことしはご飯をお替わりしながら10匹を一人で食べている、との歌詞だ。塩と涙と焦げと追憶が一緒になっているのだろう。サビでは「サンマ苦いか塩っぱいか」を繰り返す。札幌市内のホテルを会場に15日まで開かれていた国際機関「北太平洋漁業委員会」の第3回会合で、日本が提案していた関係国間のサンマ漁獲枠設定が合意に至らなかったとの報を聞き、その歌を思い出した。苦い結果のせいである
 ▼近年、中国などが北太平洋公海でサンマを先行して大量に捕ってしまうため、日本近海での漁獲が大幅に減っているのだという。海に線を引くわけにもいかないから漁獲枠で歯止めを、との狙いだが、国の利害が絡む事だけに簡単にお付き合いとはいかないようだ。昔の話だが、釧路に住んで間もないころ、小さな居酒屋で焼きサンマを食べていて店主に叱られたことがある。はらわたを残していたためだった。新鮮ならはらわたまでうまいと知ったのはそのときのこと。あのほろ苦さもまた格別である
 ▼無駄なく食べられる上に値段が手頃で味も間違いなし。そんなサンマが各国のわがままによる乱獲で姿を消してしまうのはばからしい。「サンマ苦いか塩っぱいか」。いや、一年後の次回会合では皆が知恵を出し合って「うまい」取り決めをしてほしい。

ページの先頭へ

RSS

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。