e-kensin入会のご案内

e-kensin会員規約

第1章 総則

1.会員規約

株式会社北海道建設新聞社(以下「当社」といいます)は、「e-kensin」ネットワークサービス(以下「e-kensin」といいます)をこの会員規約に基づいて提供します。

2.会員規約の変更

  1. 当社は、会員の了承なしに、この会員規約を変更することがあります。この場合、当サービス利用料金などの各種条件は、変更後の会員規約を適用します。
  2. 会員規約の変更は、オンラインまたは当社が別途定める方法で通知することにより、有効とします。

3.サービスの内容

  1. 「e-kensin」は、当社が承認した会員に対して、インターネットを通じて情報提供などを行うサービスです。
  2. サービスの一部は、承認した会員以外にも提供することがあります。

第2章 会員

4.会員

  1. 本規約の定めに従って、利用者登録を行った北海道建設新聞購読者をはじめとする法人、個人を会員とします。
  2. 1法人で50口以上の一括契約の場合は、特別会員とします。

5.入会

「e-kensin」の会員になろうとする者は、本規約または当社が別途定める手続きに従って入会手続きを行い、当社の承諾を受けるものとします。ただし、以下の各号に該当するときは、当社は承諾しないことができます。

  1. 入会申し込みに当たり、虚偽の事実を申告したり、申込事項に誤記や記載漏れがあったとき
  2. 過去に入会申込の不承諾、または強制退会処分を受けたことがあるとき
  3. その他、当社が会員として承諾するのに不適当と判断する相当な理由があるとき

6.申込事項の変更

会員は、その法人名など申込者の名称、住所、電話番号などの申込事項に変更があったときは、速やかに当社に通知しなければなりません。

7.権利譲渡の禁止

「e-kensin」を利用する権利は、第三者に譲渡できません。

8.休会

会員は、当社が定める所定の手続きにより、「e-kensin」の利用を一時的に休止することができます。休会期間などの条件は、別途定めるものとします。

9.退会

退会しようとする会員は、当社が指定する書式に従って毎月15日までに通知することにより、当月末日で退会することができます。その場合、入会金など当社が既に受け取った料金は、一切払い戻ししません。

10.利用停止および強制退会

当社は、会員が当規約のいずれかに違反した場合、会員資格を停止することができます。この違反事由が速やかに解消されないか、以下の各号に該当する場合には、会員を強制退会させることができます。

  1. 虚偽の事実を申告して入会したとき
  2. 利用料金等の支払いを遅延、または拒否したとき
  3. 「e-kensin」の運営を妨げたとき
  4. 「e-kensin」の著作権を侵害し、またはその恐れがあるとき
  5. その他、この規約に著しく違反する行為があったとき

ページの先頭へ

第3章 会費

11.会費

「e-kensin」の利用料金は、入会金および毎月の会費とし、金額については別途「料金表」等により定めるものとします。

12.会費の支払い

月ごとの支払いは口座振替をもって行うものとします。振替期日は当月利用分を翌月5日(5日が休日の場合は、その後の直近営業日)とします。

第4章 会員の義務

13.設備等の設置

会員は、「e-kensin」を利用するためのコンピューターその他の機器、ソフトウエア、インターネット接続環境を自らの費用で設置するものとします。

14.認証情報等の管理

  1. 会員は、当社が発行した会員認証情報(ユーザー名、パスワード)、もしくはこれらの情報が書き込まれた認証用キーを責任を持って管理、使用しなければなりません。
  2. 認証用キーが破損・故障したり、紛失もしくは盗難にあった場合には、速やかに当社に連絡し、再交付の手続きを取らなければなりません。再交付の事由が会員の過失によるときは、会員は再交付に必要な実費を負担するものとします。
  3. 専用の認証システムを利用する特別会員は、上記各号に準じて認証情報の管理を行わなければなりません。

15.著作権

サイト上にある記事や各種情報、写真等は全て著作権法上の保護対象になっており、(1)私的な情報収集(2)会員企業内での会議・研修資料としての利用-を除き、北海道建設新聞社の許可なく著作物の使用、複製(ダウンロード)、改変、頒布、転売等(以下、利用)を禁じます。
ただし、当サイトから取得したデータをインターネットや企業内のイントラネット上に転載することは、どのような目的であっても私的または企業内での利用の範囲を超えた行為となります。ご不明の点については、当社にご相談下さい。

16.免責事項

サイトの利用は自己責任を原則と致します。以下の条項について北海道建設新聞社は一切の責任を負いません。

  1. サイトにアクセスして、コンテンツを情報収集目的で使用したことで使用者のコンピュータ機器に損害が生じた場合
  2. サイトにリンクしているすべてのホームページの内容について

17.リンク

  1. 当サイトへのリンクは、営利を目的としない限り、原則として自由ですが、必ずトップページ( http://e-kensin.net/ )へのリンクをお願いします。
  2. リンクを張った場合は、そのホームページのアドレス及びリンクの趣旨、お名前、連絡先などを info@kensin.jp 宛にお知らせ下さい。
    ただし、北海道建設新聞社が、自社の事業や信用を害する恐れがあると判断した場合、お断りすることもありますのでご了承下さい。

18.禁止行為

会員が次の各号に掲げる行為を行うことを禁止します。

  1. 犯罪行為または犯罪行為を誘発する行為
  2. 当社、他の会員もしくは第三者の知的財産権、財産、プライバシーを侵害する行為
  3. 他の会員もしくは第三者を誹謗中傷し、名誉を侵害する行為
  4. 当サイトの運営を妨げる行為
  5. 当社が承認していない営業行為
  6. 選挙運動、選挙事前運動、布教活動またはそれに類似する行為
  7. その他、当社が不適切と判断する行為

ページの先頭へ

第5章 責任

19.当サービスの責任

  1. 当社は、事前に通知して行う設備機器の保守管理等の期間を除き、毎日24時間のサービス提供に努めます。
  2. 前項にかかわらず、緊急の保守点検、火災、停電、地震等の天災、その他やむを得ない事情により、一時的にサービスを停止することがあります。

20.当サービスの免責

  1. 当社が「e-kensin」で提供する情報・データは、あらゆる場合においてその完全性や正確性などを保証するものではありません。
  2. 「e-kensin」の中断等により生じた会員の一切の損害について、当社は賠償の責任を負いません。
  3. 「e-kensin」を利用した会員が、他の会員または第三者に損害を与えた場合、当社は一切責任を負いません。

第6章 個人情報

21.個人情報の取り扱い

  1. 当社は、会員の個人情報を以下の目的範囲内で使用します。
    ・「e-kensin」の運営や会員の連絡
    ・「e-kensin」のサービスレベル向上のために行うアンケート調査等
  2. 当社は、利用目的と提供先を明示して個々の会員の承諾を得ない限り、第三者に個人情報を提供しません。
  3. 前項にかかわらず、裁判所の令状や法令に基づき開示を求められた場合は、第三者に開示できるものとします。

第7章 管轄裁判所

22.管轄裁判所

本規約に関して、会員と当社との間で紛争が生じた場合、当社の本社所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

付則

この会員規約は、2005年7月1日から実施します。
2006年8月1日改定
2006年10月10日改定
2014年5月15日改定

北海道建設新聞社総務部

TEL:011-611-6311/FAX:011-621-2913
e-mail:info@kensin.jp

データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。