ヘッドライン

倶知安町役場庁舎の建て替え規模は約4000㎡-近く基本設計を公募

2017年05月16日 19時15分

 倶知安町が庁内で取りまとめた、役場庁舎建て替え基本構想の概要が分かった。新庁舎は延べ約4000m²とし、総事業費にはおよそ25億円を試算。現庁舎敷地内を建設地と位置付け、2017年度に基本設計、18年度に実施設計を発注して、18年度中の着工を目指す。本体は3カ年施工を見込み、最終年度には現庁舎を解体、その後に外構を発注する予定だ。

続きを読む

10建管の17年度舗装工事計画額は77億円-3年連続増

2017年05月16日 07時20分

 道建設部は、全道10建管の2017年度舗装工事計画額をまとめた。総額は77億2200万円で、前年度計画比7.6%増となっている。繰り越しや16年度ゼロ国債、ゼロ道債などを含む執行ベース。計画額は3年連続の伸びとなった。道路事業費が伸びた室蘭は1・5倍に増加した一方で、災害復旧に集中投下する帯広が2割以上減少した。10億円を超えたのは札幌と旭川の2建管となっている。

続きを読む



道が名寄警察署と文書館改築の設計者を決定-18年度に着工

2017年05月15日 19時19分

 道建設部建築局は、標準型プロポーザル方式を採用した名寄警察署改築工事実施設計と道立文書館改築工事基本・実施設計の受託者を決定した。名寄警察署は創建社、道立文書館はドーコンにそれぞれ決めた。概算委託費は名寄警察署が4000万円、道立文書館が2000万円。6月6日に契約し、業務期間はそれぞれ2018年3月下旬まで。

続きを読む

札幌都心部で容積率緩和へ-市が都市開発制度運用方針で

2017年05月13日 07時22分

 札幌市は2018年度の策定を目指す、札幌駅や大通周辺など都心部を対象とした都市開発制度の運用方針具体化に着手する。まちづくり方針に沿った土地利用計画制度の考え方を明確にした上で、これに沿った取り組みに対する容積率割増しなどの規制緩和措置により、民間開発の誘導を図る。都心部のエリア設定についても検討の中で詰めていく。

続きを読む

道が清水沢新発電所の基礎土木工事などを6月に順次公告

2017年05月12日 19時20分

 道企業局は、清水沢発電所改修事業で新発電所建設に向けた基礎土木工事などを6月上旬から中旬に、制限付き一般競争で公告する予定だ。工期は44カ月で、工事費は12億円を見込んでいる。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。