ヘッドライン

函館国際ホテルが170室の新棟建設進める-市内最大規模に

2017年05月12日 07時14分

 函館国際ホテル(函館市大手町5の10、山本俊祐社長)は、同ホテルの東館耐震補強と、170室前後の客室や浴場が入る新棟の新築を戸田建設で進めている。完成は2018年11月の予定。

続きを読む

10建管の16年度工事は1218者が955億円受注-緊急随契含め

2017年05月11日 19時12分

 全道10建管の2016年度業者別工事受注実績が本紙集計でまとまった。受注総額は緊急随意契約を含めて954億5850万円で、これを前年度比36者減の1218者が受注した。受注総額に占める道内業者のシェアは94.8%と3.4ポイント上昇。受注額最多は約24億円を獲得した岩田地崎建設。過年度受注3件の16年度支払い分だけで20億円を超え、年間通じて首位を維持した。また、今回の集計では緊急随契を加えたことで、宮坂建設工業が3位へと大きく順位を上げている。
(上位50者の受注額は5月12日付本紙1面に掲載)

続きを読む



国際バルク釧路港西港区整備が34億円投じ17年度末完成へ

2017年05月11日 07時17分

 釧路開建所管の2017年度港湾整備事業費予算は49億5171万円に上り、ゼロ国債は39億9260万円を占めている。国際バルク戦略港湾釧路港西港区には最多の34億600万円を配分。グラブ浚渫14万6000m³やマイナス14m岸壁の整備を推進し17年度末の完成を目指す。

続きを読む

岩見沢市が新庁舎基本計画策定のプロポを公告-決定は7月

2017年05月10日 19時13分

 岩見沢市は10日付で、市役所新庁舎建設基本計画策定業務を公募型プロポーザルで公告した。参加表明書の提出期限は31日で、持参か郵送で受け付ける。企画提案書を6月5―20日で受け付け、6月下旬のヒアリングを経て7月上旬に優先交渉権者を決め、同月中旬に契約を結ぶ。予算規模は税込み925万5600円以内で、業務期間は2018年3月31日までとする。

続きを読む

函館市が亀田地区統合施設をS造に変更し6月にも実施設計着手

2017年05月10日 07時25分

 函館市は6月にも、亀田地区統合施設の実施設計に着手する。このほど取りまとめた基本設計によれば、当初はSRC造としていた構造をS造に変更したほか、車両は道道(産業道路)に面した北側を入り口専用ではなく南側と同様に出入り口とする。階数や規模は変わらない。2018年度から2カ年で施工し、20年4月の供用開始を目指す。総事業費には28億円を見込む。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。