ヘッドライン

15年度の道内元請け完工高は2.5兆円-民間伸び4年連続増

2017年04月13日 19時20分

 道内で施工された工事の元請け完工高は2015年度に2兆5207億9100万円となり、前年度に比べて0.7%増だった。公共が1兆円を割り込む一方で民間が伸び、全体として4年連続の増加となった。都道府県別では東京都、大阪府、愛知県、神奈川県に次ぎ、全国で5番目に多い。道外での施工を含めた道内業者の完工高は、下請けの減少が響いて3.8%減の3兆650億3600万円となり、5年ぶりに減少した。

続きを読む

札幌・中央区のNTTセミナーセンタが閉所へ-敷地面積2万m²

2017年04月13日 07時26分

 NTT東日本―北海道(本社・札幌)は12日、札幌市中央区南22条西7丁目にある、研修施設のNTT北海道セミナーセンタを閉所すると発表した。閉所予定日は2018年6月30日。敷地面積は約2万m²あり、今後の動向が注目される。

続きを読む



建管別の17年度事業費まとまる-札幌が最多200億円超

2017年04月12日 19時19分

 道建設部は、建管別の2017年度事業費をまとめた。補助と交付金で構成する公共事業費と、単独事業費を合わせた全道10建管の総額は、前年度当初比3.6%減の1170億3300万円となっている。公共は1000億円を割り込んだ。札幌が200億円を超えて最多で、小樽、函館、室蘭、旭川、網走、釧路の6建管が100億円台に乗っている。
(詳細一覧は本紙13日付1面に掲載)

続きを読む

旭川大学が公立化に向け施設を耐震化-短大は6月着工

2017年04月12日 07時18分

 学校法人旭川大学(旭川市永山3条23丁目1の9、山内亮史理事長)の大学と短大施設の耐震改修計画が11日、明らかになった。6月着工を見込む短大校舎を皮切りに、現行の耐震基準を満たしていない施設の改修や診断を順次実施する計画だ。

続きを読む

17年度の道内生コン需要予測は8%減-札幌は民需好調で2%増

2017年04月11日 19時16分

 北海道生コンクリート工業組合がまとめた2017年度の道内生コンクリート需要予測は、16年度実績(346万2247m³)を8%下回る319万6000m³となった。前年度同様、道内全体の需要は低調となる見通しだが、昨年の台風・大雨で被害を受けた公共土木施設などの復旧工事発注による需要への反映が期待される。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第110回はお茶。水分補給だけでなく 含まれているカフェインには気分転換 や脳の活性化効果が。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。