ヘッドライン

簡易確認型で試行10件-開発局が17年度の総合評価実施方針

2017年03月22日 19時13分

 北海道開発局は22日、札幌第1合同庁舎で総合評価審査委員会(委員長・高野伸栄北大大学院教授)を開き、2017年度の総合評価実施方針を決定した。工事で試行する簡易確認型は17年度に10件程度を実施。技術者育成型(若手)は16年度12月末の130件から170件程度に拡大し、このうち20件程度で年齢評価を設け、数件の工事では年齢制限を設ける。

続きを読む

函館建管が大舟海岸護岸整備に19年度にも着工-延長640m

2017年03月22日 07時18分

 函館建管は、公共事業評価専門委員会の承認を得られれば、2018年度から大舟海岸護岸整備事業に着手する。現時点の見通しでは、初年度に設計などの委託業務を推進し、早ければ19年度にも着工する。

続きを読む



基本料金の標準作業を50m³に引き下げへ-コンクリ圧送協組

2017年03月21日 19時16分

 北海道コンクリート圧送協同組合(30社、原口一雄理事長)は18日、札幌第一ホテルで第13回通常総会を開き、ポンプ圧送に伴う基本料金の標準作業を50m³に引き下げることを決議した。料金体系を全道で定着させ、安全経費や圧送コスト上昇の吸収、技能者の待遇改善につなげることを目指す。

続きを読む

当別町がドローン先進地目指し、庁内に担当係-民間支援で地域活性化

2017年03月18日 07時16分

 当別町が無人航空機・ドローンを活用したまちづくりに乗り出す。ドローンを利活用する民間の取り組みを支援し、企業誘致など地域活性化につなげる。調整役として4月1日付で同町経済部商工課に「ドローン係」を新設。町内を拠点に活動を始める北海道ドローン協会と連携し、ドローン先進地を目指していく。

続きを読む

さっぽろ創世スクエアで大型屋根トラス188tのリフトアップが完了

2017年03月17日 19時15分

 2018年の完成を目指し札幌市中央区の北1西1地区で建設が進む再開発ビル「さっぽろ創世スクエア」。このほど、低層棟の札幌文化芸術劇場で、目玉工事の一つであるホール大空間を支える大型屋根トラスのリフトアップ作業が行われた。4本組み屋根トラスの総重量は188㌧に上り、地上6階から特殊ジャッキで約31m上の屋上階まで引き上げる作業を無事成功させた。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。