業界動向

建設重機にBDF燃料-札幌市や開建の現場で利用拡大

2017年02月03日 18時57分

 植物油から精製されるBDF混合燃料を、建設重機に使う現場が増えている。公共工事への環境配慮意識の高まりが背景にあるとみられ、道央圏では開発局や札幌市などの発注現場で利用が拡大している。

続きを読む

福岡のワールドHDが豊栄建設を子会社に-戸建て事業を全国展開

2017年02月01日 15時53分

 ワールドホールディングスは1月31日付で、豊栄建設(本社・札幌)の全株式を取得し、子会社化した。豊栄建設の社名や体制は現在のままで変更はない。道内上位の住宅施工実績を持つ豊栄建設を加え、マンション開発やリノベーションが中心の不動産事業を拡充するほか、戸建て事業の全国展開を進めていく。

続きを読む



北海道ドローン協会発足へ-当別に常設練習場、普及を後押し

2017年01月25日 18時55分

 環境や農業、土木分野の産学でつくるNPO法人デジタル北海道研究会(理事長・橋本雄一北大大学院教授)は4月に、小型無人機・ドローンの道内普及と安全な利活用の定着を目的にした「北海道ドローン協会」を設立する方針を固めた。当別町に常設のドローン練習場を設け、技術向上や資格取得を支援するほか、寒冷地の運用検証に取り組む。建設分野での活動を中心に、農林業など道内他産業に対象を広げ、空の産業革命がもたらす恩恵を根付かせていく。

続きを読む

日本仮設のクラウド型環境観測システムが中国のプロジェクトで採用に

2017年01月24日 19時13分

 日本仮設(本社・札幌)が開発したクラウド型環境観測システム「ecoMosystems(エコモシステム)」中国版が、中国・雲南省が進める高速道路建設に伴う環境影響調査プロジェクトで受注に成功した。大気や水質の測定データをネットワークを通じて遠隔から一元管理するシステム。構築を終え、ことしから運用を始める。同社はこの実績を弾みに環境モニタリング商品のアジアや欧州での展開に力を入れる。

続きを読む

アスファルト工場が第2土曜日休日へ-協会が4月から呼び掛け

2017年01月24日 07時10分

 北海道アスファルト合材協会(沢口二朗会長、86社)は、会員のアス合材工場に第2土曜日閉所を呼び掛ける活動を4月から実施する。月1回の連休を設定することで労働環境を改善し、若手従事者を確保しやすくするのが狙い。ユーザーや発注機関にも働き掛け、普及を目指す。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。