業界動向

16年の鉄骨積算量は前年比38%増15万t超-今秋に加工ピークか

2017年01月13日 07時33分

 道内の大型鉄骨加工物件の先行指標になる札幌共同積算事務所がまとめた2016年(1―12月)の鉄骨積算量は前年を37.8%上回る15万1624㌧となり、2年ぶりに年15万㌧を回復した。過去10年の平均を6%上回り、5番目に高い水準。札幌市内の再開発やホテル新設、物流施設やTPP対策関連の農業施設などで積算依頼が続いた。1月は好調なスタートを切り、鉄骨加工業の稼働は今期も高水準が続く見通し。業界では今秋に加工のピークを迎えると予想する。

続きを読む

宮坂建設工業が札幌支店を支社に昇格-受注強化へ4月から

2017年01月11日 07時11分

 宮坂建設工業(本社・帯広)は、4月1日付で札幌支店を札幌支社に昇格する。札幌圏で受注強化を図るのが狙い。体制固めのため7日付で関連人事を発令した。
(4月1日付人事の詳細は本紙11日付2面に掲載)

続きを読む



ストアス最大15%値上げも-石油価格上昇で15年秋の水準に

2017年01月06日 19時16分

 原油価格の上昇や為替変動を反映し、国内の石油製品価格が上昇している。道内の販売関係者によると、舗装合材の原料となるストレートアスファルトは1月から石油元売りによる卸価格が引き上げられ、販売価格は最大で15%程度上昇する見通しだ。ガソリンや軽油、灯油といった燃料も上昇基調にあり、いずれも16年初めに原油価格が急落する前の15年秋の水準に戻りつつある。

続きを読む

札幌砕石共販が生コン、アス合材用骨材を300円値上げへ-来春から

2016年12月14日 19時09分

 札幌砕石共販協同組合は、生コン用とアスファルト合材用の骨材について、2017年4月から1m³当たり300円(税抜き)値上げする方針を固めた。生コンやアス合材の需要が落ち込み、骨材需要の先行きが不透明なことに加え、コストアップ要因が増えてきているため。

続きを読む

カナモトが売上高過去最高-営業利益は減価償却増で減少

2016年12月10日 07時14分

 カナモトが9日発表した2016年10月期連結決算によると、売上高は前年同期比8.7%増の1448億7000万円となり、過去最高を更新した。営業利益は建設機械の減価償却負担が増していることなどを理由に7%減の151億3400万円とした。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。