業界動向

日勝峠の復旧本格化で日高側15社が協議会-円滑な施工推進へ

2017年04月15日 07時27分

 国道274号日勝峠の日高町側で災害復旧工事に当たっている15現場15社は13日、「R274日勝峠災害復旧関連工事推進協議会」を発足させた。同日、道の駅・樹海ロード日高で発足式を開催。発注者である室蘭開建日高道路事務所の職員らを含め約50人が参加し、今秋の開通を目指し万全の体制で臨むことを確認した。

続きを読む

17年度の道内生コン需要予測は8%減-札幌は民需好調で2%増

2017年04月11日 19時16分

 北海道生コンクリート工業組合がまとめた2017年度の道内生コンクリート需要予測は、16年度実績(346万2247m³)を8%下回る319万6000m³となった。前年度同様、道内全体の需要は低調となる見通しだが、昨年の台風・大雨で被害を受けた公共土木施設などの復旧工事発注による需要への反映が期待される。

続きを読む



会沢高圧コンクリートが国外ベンチャー開発の自己治癒コンクリ材料販売へ

2017年04月11日 07時10分

 会沢高圧コンクリート(本社・苫小牧)が、オランダ・デルフト工科大発のバイオベンチャー企業、バジリスク・コントラクティングBVと「バクテリアを用いた自己治癒コンクリート材料」について、日本国内独占販売契約を結んだ。コンクリート内に配合された特殊なバクテリアの代謝活動によって損傷を自動的に修復する技術で、塗布型材料を皮切りに、こて塗りで使用できるモルタル材料などをことし夏から順次投入する。

続きを読む

16年度末の道内建設業許可業者は19557者-全管内で減少

2017年04月04日 19時14分

 北海道開発局と道がまとめた2016年度末時点の道内建設業許可業者数は、大臣と知事許可を合わせて前年度比186者減の1万9557者となった。渡島の46者減をはじめ、全ての総合局・振興局管内で減少した。17年3月単月では、前月に比べて9者増加している。

続きを読む

北測協調査で会員の半数がドローン所有-課題は「受注に直結せず」

2017年04月04日 07時31分

 北海道測量設計業協会(山川昇会長)は、無人航空機「ドローン」と3Dレーザースキャナーに関する会員の意識調査をまとめた。ドローンは回答176社の半数に当たる82社が保有し、普及が著しい。3D(次元)レーザーは25社で15%にとどまった。導入課題は「受注増に直結しない」が最多で、導入の投資に対する明確な効果を見いだせない様子がうかがえる。ドローンは保有する3割が拡充に積極的だが、保有しない企業は「導入なし」や「未定」が多く対照的な結果だった。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。