公共工事

風雲橋の災害査定額が18億円弱で確定-帯広建管が18年度開通目指す

2017年03月03日 07時09分

 昨年8月の台風10号の豪雨で大きく損傷した音更町の道道東瓜幕芽室線風雲橋について、災害査定決定額が17億7112万3000円で確定した。帯広建管では既に上部撤去に着手。橋の上部と下部を再構築し、2018年度末の開通を目指す。

続きを読む

古平町が役場庁舎建て替えへ-17年度に基本設計

2017年02月28日 19時15分

 古平町は、役場庁舎建て替え事業に着手する。2017年度に基本設計、18年度に実施設計を進め、19―20年度の施工を目指す。延べ4500m²程度の規模を想定し、17年度予算案には庁舎建設基本設計費として1472万円を計上している。

続きを読む



道新幹線ニセコトンネルは58億円で飛島らJVに決まる

2017年02月22日 06時24分

北海道新幹線、ニセコトンネル他(延長2,270m)
【発注者】鉄道運輸機構道新幹線建設局
【入札日】2月14日
【落札者】飛島建設・大豊建設・斉藤建設・白木建設工業JV
【落札額】5,780,400(単位・千円)
【参加業者】岩田地崎・本間・札建・佐々木JV、鴻池・東洋・勇・工藤JV、佐藤・みらい・草別・田端本堂JV、清水・岩倉・新谷・高橋JV、東急・宮坂・広野・玉川JV、飛島・大豊・斉藤・白木JV、西松・植木・中山・戸沼岩崎JV

七飯町が道の駅ななえ本体工を4月にも3分割で公告-年内完成へ

2017年02月17日 19時14分

 仮称・道の駅ななえの2017年度供用開始を予定する七飯町は、本体工を主体、電気、機械に分け4月にも公告する方針だ。3件の工事費には合計で4億3000万円程度を試算。いずれも総合評価方式を適用し5月の入札、6月の着工、12月までの完成を目指している。同じ敷地内で想定している民間企業による飲食・物販施設についても、4―5月に公募型プロポーザルで事業者を募る。

続きを読む

函館市が本庁舎耐震改修を4月にも公告-ダンパー付きブレースを設置

2017年02月14日 07時21分

 函館市は2017年度、本庁舎を耐震改修する。主に吹き抜けの南、北面にダンパー付きブレースを設置し、X方向の揺れに対応する。5億円規模となる工事は1件で、4月にも一般競争公告する見通し。議会での契約承認を経て着工し、来年3月までの完了を目指す。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。