公共工事

開発局の初回経常JV登録は44組-単体志向強まり16組減

2017年04月20日 19時15分

 北海道開発局の2017・18年度第1回経常共同体登録状況がまとまった。総数は44組で、前回(15・16年度)定期資格審査直後と比べて16組が減少した。一般土木は24組で過去最少の結成数にとどまり、単体志向が強まっている。

続きを読む

札幌市が19年度にも二十四軒団地建て替え着工へ-4棟を2棟に

2017年04月20日 07時28分

 札幌市都市局は、4棟120戸で構成する市営住宅二十四軒団地を2棟116戸に再編する。総事業費には約40億円を想定。2017年度は住民説明などを通じて意見調整を進め、18年度の実施設計に反映。19年度に2棟の解体と1棟目の建て替え着工を見込んでいる。

続きを読む



札幌市が年度内に中央区役所整備の基本計画-現地改築基本に

2017年04月18日 19時09分

 札幌市は5月から、中央区役所庁舎整備の基本計画策定に入る。現地改築を基本に、中央保健センター、中央区民センター統合による複合化が可能かどうかを検討。機能やコンセプトなど施設計画をまとめ、改築中の仮庁舎確保、PPPやPFIといった整備手法、工事スケジュールにめどを付ける。10月ごろの素案作成を予定。市民意見を反映させ、年度末までに計画をまとめる考えだ。

続きを読む

札幌市が伏古団地建替初弾の実施設計を5月第2週に公告

2017年04月17日 19時13分

 札幌市都市局は市住伏古団地建て替えの初弾となる新1―3号棟の実施設計を、建築と設備に分けて5月第2週に制限付き一般競争で公告する。建築設計には、既存住棟2棟の解体設計も含める。2017年度は、5月末の公告を見込む地質調査を含め委託3件などに合わせて約9000万円を予算計上。18年度の着工に向けた準備を進める。

続きを読む

建管別の17年度事業費まとまる-札幌が最多200億円超

2017年04月12日 19時19分

 道建設部は、建管別の2017年度事業費をまとめた。補助と交付金で構成する公共事業費と、単独事業費を合わせた全道10建管の総額は、前年度当初比3.6%減の1170億3300万円となっている。公共は1000億円を割り込んだ。札幌が200億円を超えて最多で、小樽、函館、室蘭、旭川、網走、釧路の6建管が100億円台に乗っている。
(詳細一覧は本紙13日付1面に掲載)

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。