建設行政

既存校舎の長寿命化目指し札幌でセミナー

2007年02月27日 17時51分

 文部科学省は27日、KKRホテル札幌で、既存学校施設の再生整備に関するセミナーを開いた。同省主催初のセミナーで全国3会場の皮切り。行政や建築、学校関係者など約100人が参加。コストの掛からない改修で既存学校施設の耐震化など長寿命化を進めることや、良好な教育環境のポイントを学んだ。

続きを読む

06年度の3者検討会は10土現で298件実施

2007年02月16日 17時42分

 道建設部は16日、2006年度の3者検討会の実施状況をまとめた。10土現が06年度に実施したのは298件。本格実施を始めた05年度に比べ2.2倍となった。発注者(土現)が設定した工事が246件で、全体の8割を占めた。土現別では、室蘭の66件が最多。

続きを読む



道の企業経営者意識調査結果まとまる

2007年01月29日 17時40分

 道は、12月に実施した2006年第3四半期(10―12月期)の企業経営者意識調査結果をまとめた。建設業経営者の業況感は、一部の管工事業、注文住宅建設で売り上げの増加があるものの、全体的に公共事業の減少や過当競争など経営環境の厳しさから依然、低調に推移。前期(7―9月期)よりマイナス幅が拡大し、全産業中最も厳しい業況判断となっている。来期見通しでは、さらに下降予想で、回復への期待感が持てない状況がうかがえる。

続きを読む

新OS「Vista」発売-電子入札など確認必要

2007年01月29日 16時40分

 マイクロソフト社の新OS「ウィンドウズ・ビスタ」が30日、全国で一斉に一般発売された。建設業でもパソコンとネットワークの利用が普及する現在、OSが備える機能を活用することで、業務効率化やセキュリティーの向上など、メリットが見込める。しかし、更新や導入に向けては、電子入札など既存環境と新OSへの対応に、十分注意を払う必要がありそうだ。

続きを読む

旭川市が下水処理場管理に民間ノウハウ

2007年01月16日 12時37分

 旭川市水道局は、下水処理場の包括的民間委託を計画している。運転管理などに民間のノウハウを導入し、下水道維持管理費の大きな割合を占める処理場のコスト縮減を図るのが狙い。2008年4月1日から4カ年の契約とする方針で、順調に進めば6―7月に業者の募集を公告し、秋以降に発注する見通し。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。