会員ページをご覧いただくために

"タッチキー"はYubico社のワンタイムパスワード生成デバイス「YubiKey」を使用しています。

※タッチキー専用の説明ページです。(認証用キーの確認に戻る方はこちら)

タッチキーご利用のための準備

会員ページの閲覧には、認証用USBキーが必要です。タッチキーをお手元にご用意頂き、以下の簡単な手順に沿って会員認証を行って下さい。



Step.1 e-kensinトップ画面を表示します

e-kensinトップ画面右上にある「touch!key ログイン」と書かれたログイン用の入力窓を一度クリックして下さい。

※お客様の環境によって「touch!key ログイン」の表示が消えない場合もございます。









Step.2 タッチキーを挿します

タッチキーをUSBポートに挿し、円形金属部分の中央部が緑色に点灯することを確認して下さい。

※認証部(中央円形の金属部分)に触れることが可能な場所に挿して下さい。(付属のUSB延長ケーブルをご利用になると便利です)








Step.3 タッチキーに触れて下さい

タッチキーの認証部(中央円形の金属部分)を指先で軽く触れると、入力窓にパスワードが自動入力され会員認証を開始します。

※認証部を強く押すと差し込み口等が損傷する場合があるのでご注意下さい。
※会員認証が行われない場合は認証部に再度触れるか、入力形式が「日本語オフ」になっていることをご確認下さい。





Step.4 認証完了

認証用の入力窓が「ログイン中」に変わると認証完了です。

※ログイン後に何も操作せず一定時間が経過すると自動でログアウトします。 閲覧を再開する場合はお手数ですが再度認証を行って下さい。









注意事項

以下のような「ログイン情報が間違っています…」というエラーメッセージが出た場合は、 入力形式が『日本語入力』や『アルファベット入力が大文字』(ABC…)の状態になっている可能性があります。入力形式を『半角英数(小文字)』(abc…)に変更後、再度お試し下さい。

 

セキュリティの設定などにより(特にツールバーをインストールしている場合)以下のような表示が出ることがあります。
 この表示は、「ユーザー情報が暗号化されないまま送信されるますがよろしいですか?」というメッセージです。
『このサイトでは次回から表示しない』等の項目があればチェックを入れ送信して下さい。 (タッチキーの送信内容には、ユーザーの個人情報等は含まれていません)

 

ブラウザによってパスワードを記憶する機能がありますが、e-kensinでは記憶させないで下さい。(『このサイトのパスワードは記憶しない』等を設定して下さい)
 タッチキーのパスワード(ワンタイム)は認証動作ごと新規に生成されるため、一度使用したパスワードは再使用できません

 

タッチキー本体は一般的なUSBキーに比べ厚さが薄いためUSBポートに差し込む場合、裏表どちらでも挿せてしまうので注意して下さい。
※円形金属部分の中心部が緑色に点灯することを確認して下さい。
※キーを抜く時に「安全な取り外し」等は必要ありません、そのまま抜いて結構です。
※キーの初回挿入時は認識するのに数秒かかる場合があります。



 

タッチキーを挿したまま使用すると、ソフトウェアキーボード(画面に表示されるキーボード)の使用ができなくなる場合があります。
※タブレットなどで文字入力ができなくなった場合、タッチキーを抜いて下さい。



【参考】万が一パスワードを記憶してしまった場合の回避方法(Firefoxの場合)

右上の三本線のマークからオプション(歯車マーク)を選択

 

『セキュリティ』の「保存されているパスワード」をクリック

 

e-kensinのアドレスを選択、削除し閉じてOKで完了です。

データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。