e-特集北海道新幹線

道新幹線の愛称が「はやぶさ」と「はやて」に決定

2014年11月21日付

北海道新幹線シンボルマーク

 JR北海道は20日、2016年3月の開業を予定している北海道新幹線の列車の愛称を、東北新幹線と同じ「はやぶさ」と「はやて」にすると発表した。併せて、使用するH5系車両のシンボルマークを決めた。

 東京・仙台と新函館北斗を直通運転する列車を「はやぶさ」、盛岡と新函館北斗を直通運転する列車と、新青森と新函館北斗を結ぶ列車を「はやて」とする。利用者の分かりやすさと親しみやすさを考慮し、東北新幹線と同じ愛称にした。

 シンボルマークは、雄大な北海道の大地と、少数ながら本道に飛来するシロハヤブサをモチーフに、北の大地と本州が結ばれる様子を表現した。H5系車両の側面に掲げる。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第116回は冷たい食べ物。暑い日には 続けてしまいがちです。栄養不足には くれぐれもご注意を。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。