e-特集北海道新幹線

15年度予算案は700億円/新函館北斗―札幌間に200億円

2015年1月15日付

 国土交通省鉄道局は14日、2015年度整備新幹線路線別事業費を発表した。15年度末開業予定の北海道新幹線新青森―新函館北斗間に500億円を配分。新函館北斗―札幌間は前年度比80億円増の200億円とした。

 国交省は、15年度予算案に整備新幹線の国費を前年度より35億円増額して754億5000万円を計上。地元負担分などを合わせた事業費を1600億円とし、北陸の長野―金沢(白山総合車両所)間に290億円、金沢―敦賀間に220億円、九州の長崎ルートで武雄温泉―長崎間に390億円を配分した。

 政府・与党は14日に首相官邸で開いた整備新幹線検討委員会で、道新幹線の新函館北斗―札幌間の工期を5年短縮し、開業時期を30年度に前倒しすることを正式決定。今後は、3年前倒して22年度開業とした北陸新幹線福井駅までのさらなる前倒しについて検討する方針だ。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。