e-特集北海道新幹線

JR北海道が道新幹線の地震対策で初期微動検知システムを導入

2015年3月12日付

 JR北海道は11日、2016年3月に開業する北海道新幹線新青森―新函館北斗間で取り組む地震対策を明らかにした。P波と呼ばれる地震の初期微動を観測する「早期地震検知システム」を導入。札幌延伸で整備する新函館北斗―札幌間についても同様の対策を図るとしている。

 同システムは、地震を検知した時点で架線への送電をストップし、列車を減速、停止させる仕組み。地震発生時には、P波の直後に大きな揺れを引き起こすS波が震源から発せられるため、P波を素早く検知し列車を安全に停止させる対応が重要になる。

 新青森―新函館北斗間では、線路沿線8カ所と震源域付近9カ所の計17カ所に地震計を備える。地震発生に伴い停止した列車は、地震計で測定されたSI値(スペクトル強度)が安全なレベルになったかどうか確認した上で運転を再開する。

 また、H5系車両の全編成に逸脱防止ガイドを備えるほか、全線にレール転倒防止装置を導入。車両の脱線防止対策を図る。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。