e-特集北海道新幹線

北陸新幹線の長野―金沢間が開業

2015年3月17日付

 北陸新幹線の長野―金沢間が14日、延伸開業した。東京から富山、金沢が2時間半以内で結ばれることになり、地元にとっては計画から40年以上を経ての悲願達成だ。新幹線の延伸は、2011年3月の九州新幹線(博多―新八代間)以来4年ぶり。沿線各駅で大規模な歓迎式典が開かれる中、一番列車が走りだした。

 金沢駅では、石川県の谷本正憲知事やJR西日本の真鍋精志社長らが参加して記念式典を開き、午前6時すぎ、一番列車の「かがやき500号」が東京に向け出発した。

 富山駅でも富山県の石井隆一知事らが式典を開催。東京駅ではJR東日本の冨田哲郎社長らが金沢行き一番列車「かがやき501号」を見送った。冨田社長は「安全で快適な輸送をお約束する」とあいさつした。

 北陸新幹線は東京から北陸地方を経由して大阪に至るルートとして1973年に計画され、97年10月に高崎―長野間が先行開業。今回新たに228kmが延伸された。東京―金沢間は最短2時間28分、東京―富山間は同2時間8分で結ばれ、在来線などを乗り継いでいた従来のルートより1時間以上短縮される。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。