e-特集北海道新幹線

全信組連が函館商工信組に12億円の資本注入

2015年3月17日付

 全国信用協同組合連合会(全信組連)は16日、函館商工信用組合への12億円の資本注入を決めた。同信組はこれを受け、北海道新幹線開業を見据えた道南地域中小企業への融資を強化する方針だ。

 31日付で資本注入する。全信組連では、今回の目的は同信組の自己資本の増強による融資機能の強化で、経営支援として行うものではないとしている。自己資本比率が高まれば、同信組からの企業への融資限度額も上昇する。

 12億円の資金を得て同信組は、道南地域の中小企業への融資をより積極的に展開する。特定の業種ではなく、広く全産業を対象としていく。

 担当者は「1年後の新幹線開業を見据えた企業の取り組みを資金面から支えていきたい」としている。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。