e-特集北海道新幹線

道商連が道新幹線開業で2次交通に関する勉強会

2015年6月16日付

開業後の2次交通について学ぶ参加者

2次交通確保に向けた検討内容を周知した

 北海道商工会議所連合会は15日、札幌市内で北海道新幹線開業後の2次交通に関する勉強会を開いた。観光関連の企業を中心に約70人が参加し、国や道、北斗市の担当者から新幹線開業に関する最新の情報を聞き取った。

 札幌商工会議所が共催した。初めに同会議所運輸・自動車部会の渡辺克仁副部会長(北都交通社長)があいさつ。「新幹線開業を新たなビジネスに結び付けてほしい」と呼び掛けた。

 北海道運輸局企画観光部の藤田雅博計画調整官は、新幹線開業が地域経済に与える効果などを説明。先に開業した山形や秋田、長野の事例を紹介し、いずれの場合もメリットデメリットの両面があるとした。

 この後、北斗市の梅田一生建設部長が新函館北斗駅周辺のバス利用、総合政策部交通企画課の千葉繁交通ネットワーク担当課長が開業効果を拡大するための交通ネットワークの在り方について話題を提供した。

 この中で千葉課長は、開業効果を全道一円に広げるため、函館空港から道北、道東へと飛び立つ直行便を開設するよう航空各社に働き掛けていることを説明。「開業当初、北海道は間違いなく全国から注目される」とし、開業準備に本格的に取り組むべき時期に来ているとした。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。