e-特集北海道新幹線

道と東日本高速が連携協定締結/新幹線開業で協働事業

2015年6月18日付

高速道路を利用した協働事業に取り組む

高橋知事(左)と広瀬社長が協定書に調印した

 道と東日本高速道路は16日、包括連携協定を締結した。北海道の活性化に向け、観光や食産業などで協働事業に取り組む。第1弾として北海道新幹線の開業を見据え、高速道路などを利用した道内周遊を促すことを目的に、同日から北海道ドライブスタンプラリーを始めた。

 高橋はるみ知事と広瀬博社長が出席し、道庁本庁舎で調印式を開いた。東日本高速道路は、今回の締結により事業エリア全ての16都道県と協定を結んだことになる。

 協定に基づき両者は、本道の魅了を情報発信するため、SAやPAでイベントを開いたり、観光施設とタイアップした高速道路料金企画割引などを実施。災害や防災に関しても地震、火山、津波を想定した災害訓練に取り組むほか、土木技術の交流会なども開く予定だ。

 調印式で高橋知事は「道新幹線の波及効果を全道に広げるためには、高速道路のネットワークの充実が重要。連携を深めたい」とあいさつ。広瀬社長は「北海道の豊富な自然や観光資源の魅力発信、道新幹線の開業に向けた道内外のプロモーションを積極的に進めたい」と述べ、集客力の向上に協力する意向だ。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。