e-特集北海道新幹線

観光客誘致へ道とぐるなびが食・観光の魅力発信に関する協定

2015年6月18日付

観光客誘致へ食の魅力を発信する

高橋知事と滝会長(右)が協定書に署名後、握手を交わした

 道と、飲食店情報検索サイトを運営するぐるなび(本社・東京)は17日、本道の食文化や観光の振興、魅力発信などに関する包括連携協定を締結した。2016年3月の北海道新幹線開業に向けた観光客の誘致などに取り組む。同社が都道府県と包括連携協定を結ぶのは初めて。

 食文化の振興、観光の振興、地域振興・地域活性化、北海道の魅力発信―の4項目で連携する。具体的には、北海道にゆかりのあるシェフが道産食材を使った料理を開発・提供する北海道フェアを開催。道新幹線の開業に向けては、道内への観光客誘致や新幹線沿線のグルメ・観光情報発信などに取り組む。

 同日、道庁本庁舎で調印式を開き、高橋はるみ知事と滝久雄会長が協定書に署名した。高橋知事は「道新幹線が来年3月に開業する。これを飛躍の機会として全国に魅力を発信していきたい」と述べた。

 滝会長は、日本が農業立国、観光立国を目指す上で北海道が担う役割の重要性を強調し、「プロモーションやブランドアップなどでお手伝いできれば」と話した。

 同社は京都市、新潟市、川崎市と包括連携協定を締結済みで、都道府県とは今回が初めてとなる。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。