e-特集北海道新幹線

道キヨスクが七飯町に弁当工場/日清エンジニアの施工で8月着工

2015年7月15日付

 JR北海道子会社の北海道キヨスク(本社・札幌)は14日、函館駅構内で運営する弁当店「函館みかど」の新工場を、七飯町中島の大中山駅裏手に開設すると発表した。日清製粉子会社の日清エンジニアリングの施工で8月に着工、12月の竣工を目指す。

 規模はS造、平屋一部2階、延べ875m²。2016年3月に予定される北海道新幹線の開業で、駅売りや団体旅行者向けの弁当販売量が増加することを見越して新工場を設けるもの。

 函館駅と新函館北斗駅のほぼ中間に位置する大中山駅裏手の所有地にある旧クリーニング工場を改修し、生産設備を設置する。敷地面積は約1780m²。新工場は、函館駅そばにある現工場の1・5倍に相当する1日当たり3000食の生産能力を持つ。

 設計も日清エンジニアリングが担当。16年2月から稼働し、定番の「鰊みがき弁当」や「あかべこ辨當(べんとう)」「北の駅弁屋さん」といった商品を製造する。現工場の土地と建物の取り扱いは、所有者のJR北海道が検討する。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。