e-特集北海道新幹線

山川牧場自然牛乳が大沼町で工場兼店舗新築の上棟式

2015年10月17日付

オープンは16年3月の予定だ

建設中のプラント正面で餅まきをした

 山川牧場自然牛乳(本社・七飯)は15日、大沼町628で建設している工場兼店舗「山川牧場ミルクプラント」新築の上棟式を開いた。北海道新幹線開業前の2016年3月オープンを予定。新たにヨーグルトやチーズなどの販売にも着手し、誘客を図る。

 建設地は新函館北斗駅から約10kmの位置にあり、新幹線開業後の観光客増加が期待される。それを見越し、約4億円を投じて既存工場の隣で7月上旬に着工した。規模はS造、平屋、延べ1116m²(うち倉庫200m²)で、従来の3倍以上になるという。

 設計は山田総合設計、施工は間建設。「素材の良さを再発見でき、自然豊かな大沼を感じられる温かい空間」(山田総合設計)を目指し、大きなアール状の壁に道南スギを使うなど内外装に地域材を活用し、地元職人による家具や装飾なども取り入れる考えだ。

 上棟式には近隣の酪農家や工事関係者約150人が出席。玉串をささげた後、4000個の餅をまいた。

 山川明社長は「新店舗は食事をしながら屋内で休める。地元に愛される観光スポットにしたい」と話していた。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。