e-特集北海道新幹線

JR北海道が「はこだてライナー」の車両を公開

2015年12月22日付

パープルとライトグリーンの帯をまとう

はこだてライナー用車両。新幹線との連携・一体感を意識した

 JR北海道は21日、北海道新幹線の開業後に新函館北斗駅―函館駅間17・9kmを運行する「はこだてライナー」の車両を函館駅構内で公開した。H5系車両と同様のパープルを外装に取り入れ、ドア部分はれんがを連想させる赤茶色を採用している。

 同車両は、札幌圏で運行する733系電車がベース。4編成(12両)を導入する。乗降口のステップをなくし、車椅子が利用できる大型トイレを設置。照明のLED化、座席のロングシート化などは既存と変わらない。

 外装は、パープルをメーンにライトグリーンの帯をまとう。内装は、乗降ドア付近を木目調にし、ドア部分を函館の金森赤レンガ倉庫などをイメージして赤茶色にし、函館らしさを加えた。マークも函館山とロープウエー、五稜郭が描かれている。

 同社車両部計画課の山口義貴主席は「北海道新幹線との連携・一体感を演出したパープルの帯が特徴。函館市内まで安全に送ることを第一に、旅へのワクワク感をここでも感じてもらえれば」と話していた。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第112回は塩味の効果。適度な塩味は 甘みやうま味を引き立て、苦みや酸味 を抑制するはたらきがあります。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。