e-特集北海道新幹線

北斗開発が新函館北斗駅前の複合施設を沢田・今井JVで施工へ

2016年1月21日付

 北斗開発(北斗市中野通3丁目1の36、境勝則社長)は、新函館北斗駅前第1街区の複合施設新築を主体、設備一括して沢田建設(北斗)・今井工務店共同体に決めた。近く正式契約を結び、27日、現地で地鎮祭を行う。北海道新幹線開業から1年後の2017年3月のオープンを目指す。

 規模はRC造、6階、延べ約6300m²。1階は北斗市が買い取り、駅舎に併設される市観光交流センターの別館となる。2階以上は、客室100室を有する宿泊スペースで、ホテル業のABアコモ(本社・東京)が運営する。

 センター別館は22区画に物販・飲食店、交流スペースなどを配置。小野建業、金沢組など地元建設業の出店も決まっている。2階がホテルのフロントで、客室のほかレストランやフィットネス施設、温浴施設も入る。

 建設地の北斗市市渡は市が造成した商業用地5・3haの一画で、駅舎と隣接する一等地。設計は建築設計工房ロゴスが担当した。総事業費は約20億円で、法人設立からおよそ半年での着工となる。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第116回は冷たい食べ物。暑い日には 続けてしまいがちです。栄養不足には くれぐれもご注意を。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。