e-特集北海道新幹線

マックスバリュが函館・深堀の旧グルメシティ建て替えで準備

2016年1月28日付

 マックスバリュ北海道(札幌市中央区北8条西21丁目1の10、出戸信成社長)は、函館市内にある旧グルメシティ深堀店の2017年度以降の建て替えに向け、準備に入った。同社では、3月に控える北海道新幹線の開業が地域にとって大きな転機になるとみており、開業効果や立地環境の状況、優先順位などを勘案し、建て替えのタイミングを探る方針だ。

 道道函館南茅部線沿いにある函館市深堀町の旧グルメシティ深堀店は、15年9月にスーパーマーケット事業を承継した道内ダイエー店舗の一つ。希薄だった函館エリアの店舗を加えることで、店舗網の充実を図った。

 マックスバリュ北海道は、現在のスーパーマーケット事業にとって、旧深堀店が手狭な店舗規模であると判断し、建て替えを前提に検討を進めていた。登記簿によると、現店舗は2階建て、延べ約1700m²の規模となっている。

 函館エリアは3月に新幹線開業を控えており、同社では開業によってもたらされるプラス効果が、スーパーマーケット事業への波及につながることを期待する。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。