e-特集北海道新幹線

高橋知事が道新幹線H5系に初試乗し時速260kmの乗り心地を体感

2016年2月2日付

新時代の到来をかみしめる高橋知事

H5系に初めて試乗した高橋知事

 高橋はるみ知事は1月30日、北海道新幹線の関係者向け試乗会に参加し、時速260kmの乗り心地を体感した。新幹線時代の到来をあらためてかみしめるとともに、3月26日の開業に向け、おもてなしに全力で取り組む決意を示した。

 新函館北斗―木古内間35・5kmを片道13分で往復。試乗後、高橋知事は「スピードがあるにもかかわらず、滑らかな乗り心地。函館山や津軽海峡など、とてもきれいな雪景色を堪能できた」と印象を話した。

 また、当時の技術を結集して難工事に挑み完成させた青函トンネルを新幹線が通ることに対し、「本道の素晴らしい景観を味わっていただくことはもちろん、その道のりにも思いをはせてほしい」とアピール。

 開業まで2カ月を切る中、「地元と連携して駅周辺におもてなしのスペースを整備する。2次交通もしっかり考えなければ」との意向を示した。

 案内役として乗車したJR北海道の島田修社長は「(試乗で)より実感を持っていただけたのでは。開業後に大きな効果を生むよう、しっかり準備する」と抱負を述べた。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第116回は冷たい食べ物。暑い日には 続けてしまいがちです。栄養不足には くれぐれもご注意を。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。