e-特集北海道新幹線

函館市が新幹線開業関連予算にイベント経費など2.2億円を試算

2016年2月13日付

 函館市は、3月26日開業の北海道新幹線関連経費として、2015年度補正案と16年度予算案に、合わせて前年度並みの2億1803万円を積み上げている。

 補正分が8900万円、16年度分が1億2903万円という内訳。内容はプロモーションや多彩なイベントの経費負担などが中心だが、2次交通の充実に向けては511万円を投じ、交通系ガイドマップ作成や観光路線バス外装等整備を進める。

 主な内容は次の通り。(予算額は1万円未満切り捨て)

 ◇15年度補正▽観光キャンペーン実施(1000万円)首都圏などでの観光PR▽青森県・函館デスティネーションキャンペーン関係(250万円)JR企画に参加▽函館駅前イルミネーション関係(3550万円)▽ブランド形成推進(800万円)女性誌での紹介、ポスター作成▽はこだてグルメサーカス開催(3300万円)

 ◇16年度▽開業記念イベント(5748万円)7―9月の2イベント▽函館開業対策推進機構負担金ほか(1557万円)アクションプラン推進、2次交通充実▽函館マラソン大会開催負担金(3600万円)6月26日開催、フル・ハーフ各4000人参加▽開業記念物産展開催(90万円)鹿児島市と共同▽函館・みなみ北海道特産食品展示商談会開催負担金(329万円)6月29日、函館アリーナ▽2016全日本パンフェスティバルin函館(300万円)11月26、27日、函館アリーナ▽新幹線開業時おもてなし(112万円)臨時観光案内ほか、JR函館駅▽市民おもてなし(140万円)観光案内窓口開設▽青函圏周遊博開催(725万円)▽函館・東北チャリティープロモーション(300万円)7月2、3日、札幌市大通公園8丁目

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。