e-特集北海道新幹線

札幌までの早期到達を/宮本日建連副会長が道新幹線開業で言及

2016年2月17日付

 日本建設業連合会の宮本洋一副会長・土木本部長は、16日に日建連の鉄道建設本部が開いた講演会で、北海道新幹線や北陸新幹線の開業によって「多くの国民に新幹線の役割の大きさを認識してもらえることになった」との見方を示し、北海道新幹線に関して「札幌までの早期到達を願う」と述べた。

 また、インド初の高速鉄道に新幹線システムの導入が決まったことに関し、「他の国々の計画の先駆けとなることが期待される」と述べ、導入拡大への期待感を表明した。

 さらに、昨年暮れに亡くなった元国鉄総裁の仁杉巌氏に対して「多年にわたり鉄道交通の発展に大いに貢献され、日本鉄道史の生き証人である同氏を失ったことは大きな損失。ご冥福をお祈り申し上げる」と哀悼の意を表した。

 この後、名古屋大大学院の林良嗣教授が「21世紀日本・世界の低炭素とクオリティオブライフを演出する鉄道への期待」と題して講演。富山県の宇奈月温泉で旅館のおかみを務める小柳博美氏が北陸新幹線の開業効果などを紹介した。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。