e-特集北海道新幹線

大西阿寒グランドホテル取締役が大沼公園の新ホテルについて語る

2016年2月24日付

大西希取締役札幌営業所長  「北海道新幹線の玄関口となる函館の第一印象を良くすれば、道内の各地域に足を延ばす観光客は増えてくる」。阿寒グランドホテルの大西希取締役札幌営業所長は、8月上旬に大沼公園でオープンする「大沼鶴雅オーベルジュエプイ」について、新幹線で本道に来る観光客の呼び水となる新たな施設づくりを進めている。

 19日、札幌市内で開かれた、新幹線開業効果に関するセミナーで、新ホテルへの思いを語った。大西取締役は「鶴雅グループのホテルは湖に近い場所に設けているが、大沼の湖はどこにも似ていない」ことから、景色が楽しめるレストランをメーンにした宿泊施設を思い付いたという。

 「景観がとても素晴らしいので、それを感じられる施設づくりがしたい」とし、自社のホテルでは初めてとなる、ドレスガーデンづくりに力を入れる考えを披露。大沼を含む函館地域でしか味わえないものを発掘し、観光客に提供していきたいと意気込みを示した。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。