e-特集北海道新幹線

北海道新幹線が開業/道民の夢を実現し新たな挑戦へ

2016年3月29日付

 北海道新幹線の新青森―新函館北斗間149kmが26日、開業した。1964年の東海道新幹線開業から半世紀余り。海峡直下の青函トンネルを初めて渡り、北の大地に新幹線がやってきた。本道や東北を中心とする人の動きを変える新たな時代の幕開けとともに、この効果を道内全域に広げるための挑戦が始まる。

一番列車の出発とともに新しい挑戦が始まる

多くの道民が見守る中、新函館北斗駅を
出発した一番列車の「はやぶさ10号」

 73年の整備計画決定から43年を経て、本道から九州まで鉄路でつながった。整備新幹線としての開業は2015年3月の北陸新幹線長野―金沢間以来。今後は30年度末の札幌開業を目指す。

 最高時速は260km。青函トンネル(54km)を含む82kmの区間は、在来線の貨物列車と同じ線路を走るため、時速140kmに制限している。新函館北斗間から東京まで最速4時間2分、仙台まで2時間30分、盛岡まで1時間50分、新青森まで1時間1分で結ぶ。

 26日の出発式会場は乗降客のほか、一番列車の新型車両H5系が入線する歴史的な瞬間を見ようとする人たちでごった返した。

 函館市内のホテルで開かれた祝賀会で高橋はるみ知事は「夢の乗り物である新幹線を最大限に活用し、北海道隅々までの地域活性化に取り組むことが大事。新たな挑戦の始まり。次の札幌延伸に向けて皆さんの力添えをいただき、しっかり頑張りたい」と決意を述べた。青森県の三村申吾知事は「しょっぱい川(津軽海峡)を越えて、北海道の皆さんと気持ちが一つになった」と、青函の交流拡大に期待を寄せた。

 この日は、沿線各駅で多彩なイベントが開かれた。翌27日、「はやて93号」に乗車し、青森市から家族3人で観光に訪れた会社員の小柴大さんは「日帰りで函館山などを見て帰る。今まで遠く感じていたが、新幹線がつながったことで早くて良い」と話していた。

 開業初日の一番列車は発売開始1分以内に完売したが、その他の列車は空席が目立った。利用者が空路より新幹線を選ぶ目安とされる〝4時間切り〟が見送られたことが背景にある。道民の夢と期待を乗せて開業した北海道新幹線。今後は、観光やビジネス利用の乗降客数を増やすための努力が欠かせない。

 JR北海道の島田修社長は「一番列車を送り出せたことでまずは一安心。スピードアップや、たくさんのお客さまを北海道にどれだけ運んでくるかなど課題も頂いている。全力を挙げて取り組みたい」と決意をにじませた。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第110回はお茶。水分補給だけでなく 含まれているカフェインには気分転換 や脳の活性化効果が。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。