e-特集北海道新幹線

北海道新幹線開業後3日間の乗車率は43%

2016年3月31日付

 JR北海道は、北海道新幹線新青森―新函館北斗間の開業後3日間(26―28日)の利用実績をまとめた。利用者数は延べ約3万人となり、1日平均9900人、平均乗車率は43%だった。在来線(中小国―木古内間)の特急・急行列車実績と比較すると、対前年で約2・5倍となった。

 最も利用者が多かったのは開業日の26日で、1万4200人、乗車率は61%だった。27日は8700人で乗車率37%、28日は6800人で乗車率31%。

 座席別では、グランクラスが乗車率64%と人気が高く、普通車が乗車率43%、グリーン車が乗車率39%。各駅の利用実績は新函館北斗が1日平均3300人、木古内と奥津軽いまべつが1日平均各300人だった。

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。