記事一覧

新さっぽろ駅周辺再開発の事業者が大和ハウスなどのコンソーシアムに内定

2017年03月28日 07時33分

 大和ハウスグループ、ドーコン、大成建設、北大でつくるコンソーシアムが新札幌副都心の大規模開発に乗り出すことが27日分かった。札幌市が公募提案型売却で募っていた新さっぽろ駅周辺地区G・I街区での再開発事業に応じたもので、近く仮契約を結ぶ。提案によると、約3・9haのI街区は再生医療などに力を入れる北大と連携するとともに、脳神経や整形外科など4つの医療機関を集約し、医療ツーリズムの拠点を形成する構想だ。商業施設やホテル、高層分譲マンション、立体駐車場を合わせた規模は延べ約12万m²に上る見通し。文化・教育機能を掲げるG街区約1・6haには道内の私立大など教育機関を誘致する方向で調整している。

続きを読む

登別市の本庁舎・第2庁舎整備の検討が17年度から本格化

2017年03月27日 19時30分

 長年の懸案事項となっている登別市の本庁舎・第2庁舎再整備に向けた動きが、2017年度から本格化する。17年度は市内各地区で説明会や懇談会などを開催し、市民意見を集約。順調に進めば年度内に市として一定の方向性を固め、18年度には基本構想を策定する意向。人口規模が比較的近い北広島市の新庁舎建設事業を踏まえると、延べ1万m²の施設を整備するには工事費40億円以上が必要と試算している。

続きを読む



JRA札幌競馬場の17年度発注計画は職員舎宅改築など

2017年03月25日 07時20分

 日本中央競馬会(JRA)札幌競馬場(札幌市中央区北16条西16丁目1の1)は、2017年度に同競馬場で予定する工事発注計画をまとめた。一般競争入札案件では、職員舎宅改築と諸施設整備の2件を盛り込んでいる。

続きを読む

札幌市が市住計画修繕で初の高断熱、高気密化を試行へ

2017年03月24日 19時18分

 札幌市都市局は集合住宅の高断熱・高気密化を促進するため、市営住宅ではこれまで建て替え・新築に合わせて実施してきたが、築後23―25年に実施する計画修繕の際も試行的に取り組むこととした。里塚団地14号棟が対象で、2017年度の実施設計を経て18年度に改修する計画。24日の市議会第2部予算特別委員会で杉村亮住宅担当部長が、林清治氏(民進党・市民連合)の質問に答えた。

続きを読む

寿都町がニセコに情報発信基地-レストラン開業し常設拠点に

2017年03月24日 07時25分

 寿都町は2017年度、ニセコ町内の旧民間レストランを活用して、寿都の魅力を伝えるための情報発信施設を整備する。建物を改修して設備や内装などを一新するほか、延べ250m²ほどの商業施設を増築し、寿都の鮮魚など特産品を販売する。総事業費には約2億円を試算。ニセコの繁忙期である冬季のオープンを目指している。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。