地域経済

扶躬会が釧路市内に特養ホーム建設ー11日まで入札参加を受け付け

2017年05月02日 07時14分

 社会福祉法人扶躬会(釧路市阿寒町富士見2丁目5の10、末岡巧理事長)は1日付で、仮称・特別養護老人ホーム三慈会建設を事前審査型一般競争入札で公告した。参加申請書の受け付けは11日まで。29日午前11時から釧路市役所防災庁舎5階本部会議室で入札する。

 建設地は釧路市幣舞町2の5ほかで、RC造、8階塔屋1階、延べ6536m²の規模で新築する。工期は2018年9月30日まで。設計は久米設計が担当した。
 入札参加資格は、釧路市内に本店か支店を置く2、3社の特定共同体。代表者は道内に主たる営業所を有する道の建築A等級で、経営規模等評価で建築の総合評定値1000点以上とし、過去10年以内にRC造、延べ4000m²以上の老人福祉施設(80床以上)の元請け実績を有することなどを求める。
 入札説明書と入札参加申請書類は同法人が運営する特養鶴の園(釧路市阿寒町富士見2丁目5の10)で配布するほか、入札申請書類はホームページ(http://turusono.hp.gogo.jp/)からダウンロードできる。事前審査型で、審査結果通知は12日を予定している。

Twitter記事一覧へ印刷するURLを送信する

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。