地域経済

小樽・色内地区で128室のホテル着工-ビーロットが来春開業目指し

2017年05月19日 07時18分

 不動産の再生・開発、コンサルティングを手掛けるビーロット(東京都港区新橋2丁目19の10、宮内誠社長)は、小樽市色内地区のホテル新築を岩田地崎建設・阿部建設共同体で着工した。2018年3月の完成、同4月の開業を目指す。

 建設地は小樽市色内1丁目5の7で、観光スポットのニトリ芸術村や堺町通の入り口に近い。規模はRC造、8階、延べ約4700m²。客室は128室を予定。内訳はツイン84室、ダブル41室、身体障害者対応型3室となる。宿泊者用の駐車場として、敷地内に収容22台の機械式立体駐車場と約20台分の平置き駐車場も整備する。
 設計はフィルド(本社・札幌)とABアコモ(同・東京)の共同体が担当。外観などの意匠は検討を進めている。
 小樽商工会議所によると、小樽を訪れる観光客は近年増加傾向にあるものの、ホテルが不足しているため、小樽に宿泊せず札幌などにUターンしてしまう状況に拍車が掛かっているという。
 ビーロットの担当者は「ターゲットは主に観光客。小樽の観光振興に一役買えれば」と話す。宿泊料金については「周囲のホテルと比べ高額設定にはしない」意向だ。

Twitter記事一覧へ印刷するURLを送信する

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。