建設行政

日勝峠の復旧周知へインフォメーションセンター開設-日高、清水両側に

2017年07月10日 19時04分

 室蘭、帯広の両開建は国道274号日勝峠の復旧に関するインフォメーションセンターを日高町と清水町のそれぞれ現地に開設する予定だ。日高町は12日、清水町は13日を予定している。それぞれのオープン日には報道機関を対象にした現場説明会を開く予定で、復旧の状況を広く周知する考えだ。

 日勝峠は、昨年8月の台風災害により落橋や大規模な道路崩壊が発生し通行止めが続いている。ことし秋の通行再開に向けて本復旧工事が本格化する中、地元住民や観光客に復旧が確実に進行していることを理解してもらうため、インフォメーションセンターを設置して工事の進捗(しんちょく)状況を情報発信することにした。被災概要や復旧作業の様子などをパネルや写真、動画などで紹介する。
 室蘭開建側のセンターは、道の駅樹海ロード日高付近にある日高町本町東3丁目に12日午後0時30分にオープンする。開設時間は、火曜日から木曜日までの午前10時から午後3時まで。
 帯広開建側のセンターは、清水町南4条11丁目の十勝清水防災ステーション内に13日午前9時に設置する。開設時間は午前9時から午後4時30分までで閉館日はない。
 それぞれのオープン日に開く報道機関向けの現場説明会では、本復旧の現場を巡回してじかに工事の進捗を見てもらう予定だ。

Twitter記事一覧へ印刷するURLを送信する

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第116回は冷たい食べ物。暑い日には 続けてしまいがちです。栄養不足には くれぐれもご注意を。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。