業界動向

建設各社の夏休みが大型化傾向-働き方改革背景に

2017年08月10日 07時17分

 道内に本社、支店を置く主な建設会社の夏季休暇日程がまとまった。昨年から祝日に制定された11日の「山の日」を含め、連続休暇は大型化の傾向にある。道外本社の大手は最長10連休が多く、道内も5―6連休を中心に、最長で10連休と昨年より4日長く設定する企業も出ている。背景には働き方改革の流れを受け、人材確保・定着を見据え休暇が取得しやすい環境づくりを進めようとする傾向がうかがえる。

続きを読む

ゼネコン道内受注高、第1四半期は上位50社で総額1760億円

2017年08月08日 07時01分

 北海道建設新聞社は、2017年度第1四半期(4―6月)のゼネコン道内受注高ランキングをまとめた。首位は130億円余りを計上した中山組。調査の集計方法を暦年から年度に変更した07年度以降、各四半期集計でトップに立つのは16年度第1四半期以来2回目。2位は前年度同期に比べ8割以上伸ばし、初めて100億円台に乗せた宮坂建設工業で、3位には岩倉建設が入った。上位50社の受注総額は前年度同期に比べ11.8%増の1759億7300万円に上り、14年度に次いで2番目に高い金額となった。民間建築工事以外が前年度同期を上回り、官庁土木は6割以上の増加で過去最高額を記録した。全269社の平均受注額は11億4500万円だった。
(8月8日付本紙に上位50社と51位以下の一覧を掲載)

続きを読む



高級ホテル・しこつ湖鶴雅別邸は岩田地崎で来月にも着工

2017年07月27日 07時06分

 鶴雅ホールディングス(釧路市阿寒町阿寒湖温泉4丁目6の10、大西雅之社長)は、千歳市支笏湖温泉に新築するホテル「しこつ湖鶴雅別邸碧の座」の施工を岩田地崎建設に決めた。環境省などから許認可を得た後、8月上旬にも着工し、2018年6月末の完成、同8月の開業を目指す。総事業費は30億円。

続きを読む

アスファルト工場の第2土曜休日、工事本格化で71%に低下

2017年07月25日 06時16分

 北海道アスファルト合材協会は、会員工場を対象にことし4月から推進している第2土曜日の休日運動について、6月までの実施状況を調査した。達成率は4月97%、5月82%、6月71%と工事が本格化するにつれてダウン。雨の日が多かったことから工期不足に陥り、その対応で工場を開けざるを得なかったケースも少なくなかったようだ。秋口の合材需要のピークを前に、同協会では現状の実施水準に危機感を募らせており、「何とか年間70%台の達成率は確保したい」と協力を呼び掛けている。

続きを読む

プロジェクターで交通規制表示をトンネル天井に-暗さ逆手に効果

2017年07月19日 19時15分

 「工事中」「スピードダウン」「徐行」、薄暗いトンネル天井に浮かぶ大きな文字―。南区定山渓で橋梁補修工事を請け負う北土建設(本社・札幌市中央区)は、プロジェクターを使った規制表示でドライバーへの注意喚起を促している。

続きを読む

RSS記事一覧


データバンク

 

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。