被災地たずねて
クリックで拡大  東日本大震災から4年半が過ぎた。11月上旬、被災地である宮城県山元町を訪れた。この町へ行くのは3度目で、初めて訪れたのは震災から2年が過ぎた2013年夏だった。そのころは市街地にようやく公営住宅が建ち始めたばかり。昨年もそれほどの変化はなかったが、今回は全く違った表情を見せていた。 (本社経済産業部記者)

目次

(1)復興へ刻む確かな歩み 2015年11月17日掲載
(2)高架でまちの景色一変 2015年11月18日掲載
(3)市街地整備をCM方式で 2015年11月19日掲載
(4)どこまでも続く防潮堤 2015年11月22日掲載
(5)「真の復興」はこれから 2015年11月24日掲載

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。