東日本大震災復興への歩み
 地獄のような光景がテレビで生中継された。海沿いの街に巨大な津波が押し寄せ、住宅や工場などの建物を破壊し、船や車、人々をのみ込んでいった。悲しみや怒り、戸惑いが交錯する被災地。街の復興と住民の生活再建に全国から支援の輪が広がり、道内の建設会社も貢献してきた。仮設住宅での暮らしを余儀なくされている被災者はまだ大勢いるが、復興は確実に進展している。過去の津波で悲惨な経験をしている本道も対岸の火事ではない。有事の自然災害に備えて検証と対策が求められる。

目      次

① 被災地支える建設業 2016年3月4日掲載
② 深刻な人員不足問題 2016年3月5日掲載
③ 家や道路跡形もなく 2016年3月8日掲載
④ 建設会社こそBCP 2016年3月9日掲載
⑤ 〝命〟守る施設整備を 2016年3月10日掲載

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第113回はアニサキス。流通網の発達 で、未冷凍の刺身が食べられるように なり、被害が増えています

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。