連載~紙面から~

過去の連載・特集

検証・10年度公共事業予算案「コンクリートから人へ」の衝撃(2010/1/19)
新政権が命運を懸けて編成した2010年度政府予算案は、公共事業に対して過酷なものとなった。「命を守る予算」の編成過程を5回シリーズで検証する。

新政権発足から1カ月 押し寄せる変革の激流(2009/11/4)
新政権発足から1カ月がたち、公共事業への姿勢が明らかになった。政権交代の衝撃を、翻弄(ほんろう)される公共事業を通して検証する。

雪ダルマがくれたもの(2009/10/13)
くっちゃん21雪ダルマの会による「真夏の東京銀座巨大雪ダルマ」作戦は、2009年8月に最終回を迎えた。倶知安町と銀座を結んだ巨大雪ダルマ作戦20年の歴史を振り返る。

ロシア極東に活路を 海を越える道内企業(2009/4/24)
道内企業が海を越えて、新たな市場「ロシア極東」に挑む―。多くのリスクを抱えながらも、すでに実績を重ね、現地で確固たる信頼を得ている企業もある。その姿を追った。

道内市町村のPRE戦略事情(2009/2/12)
道内市町村にアンケートを実施し、所有する建築施設の実態や施設管理体制、資産マネジメントの課題などを探った。アンケート結果の分析を基に、道内市町村のPREの実態を報告する。

未来につなぐ建設業 地域に活路を求めて(2009/1/1)
北海道建設新聞社創立50周年記念フォーラム「未来へつなぐ建設業―地域に活路を求めて」の基調講演と事例報告、パネルディスカッションを掲載。

岐路に立つ北海道開発 第3部(2008/12/17)
実現のあてのない組織再編とリストラ案に変ぼうした地方分権改革推進委員会の2次勧告。迷走した委員会議論を検証する。

岐路に立つ北海道開発 第2部(2008/10/31)
道内の市町村長への地方分権改革推進と北海道開発に関するアンケート。その回答を分析する。

岐路に立つ北海道開発 第1部(2008/8/6)
北海道開発は、地方分権の流れの中で、どうあるべきなのか。地方分権と談合事件に揺れる北海道開発の現状を追った。

建築受難 岐路に立つ建築設計界(2008/6/12)
改正建築基準法施行から1年。実務での影響や今後の課題、展望を道内の建築設計5団体のトップに聞く。

検証・改正経審 新たな「物差し」の実態(2008/4/22)
改正経審による各企業の試算結果の分析とアンケートを基に、新たな「物差し」を検証した。

どうなる札幌延伸 整備新幹線 迫る政治決着(2008/3/21)
整備新幹線未着工区間の協議が大詰めへ。正念場を迎えた札幌延伸の動きを追う。

検証 北海道開発の行方(2008/3/7)
道の公共事業削減方針は本道発展に大きな影を落とした。窮地に立つ北海道開発の行方を検証。

入契制度改正の現場 道建協・土工協会員アンケートから(2007/12/12)
入札・契約制度などに関するアンケート調査で、道内企業と道外企業の意識差が明らかに。

選択の時代 「岐路に立つ網走管内建設業」第1部(2007/12/7)
本道経済の縮図ともいえる網走管内で、建設業がどう生き残ろうとしているのか、岐路に迫った。

乱気流 改正建基法施行から5カ月(2007/11/27)
改正建基法の施行から5カ月。道内1級建築士事務所へのアンケート調査を通じて浮き彫りになった業界の課題を読み解く。

拡大する不動産投資 ニセコは今(2007/11/22)
ひらふ地区で火がついた外資による不動産開発・投資は、ニセコに何をもたらし、今後はどのように進むのか。現状を追った。

経審改正セミナー(2007/11/19)
北海道建設新聞社が10月24日に開催した「経審改正セミナー」の講演概要。

改正建築基準法 道内1級建築士事務所アンケート結果(2007/11/9)
アンケート調査で浮き彫りになった改正建築基準法による深刻な打撃。

支えきれぬ冬の暮らし 除雪者がいなくなる!?(2007/10/15)
札幌市の除雪業務に企業が集まらない。疲弊と苦境にあえぐ除雪業者の悲痛な叫びを聞いた。

勝者なき戦い 低価格入札の現場から(2007/10/4)
勝者なき消耗戦―低価格入札により危機的状況にある業界の現状を報告。

施設マネジメントの実態 市町村FMアンケートから(2007/9/6)
アンケートを基に市町村の施設管理の実態をリポート。

マンションストックを生かせ 大規模修繕の極意(2007/8/6)
リニューアル市場活況の今、設計者、施工者、マンション関係者に良質な改修工事のポイントを聞く。

次期北海道総合開発計画を展望 委員4人の提言(2007/8/3)
次期計画で本道の将来像をどのように描くべきか。委員へのインタビューと解説。

新たな公共調達システムの構築を(2007/7/24)
公共調達の今後を考える郷原信郎氏の講演と、討論会の様子を掲載。

道産材の時代 転換期にどう立ち向かうか(2007/5/23)
道産材需要創出の方向性と、求められる対応、課題解決への動きを追った。

東急が消える 北見市都市再生の行方(2007/5/23)
北見市に衝撃を与えた東急閉店問題が、今後の行政施策にどうかかわるのか探った。

どうなる改正建築基準法 その行方と課題(2007/5/18)
「ぶっつけ本番」運用の改正建築基準法に建築実務者はどう対処するのか。

開発局の入札・契約制度改正(2007/5/15)
新たな制度導入の背景とその内容を、札幌開建の倉内技術管理官が解説する。

北海道発 建設業地域づくりフォーラム(2007/3/6)
地域活性化における建設業の可能性を追求。講演と事例報告を掲載しています。

価格から企業力へ 検証・総合評価落札方式
国交省の「総合評価方式」。全開建の入札データをもとに今後の展望を検証する。

悲願の鉄路 新幹線・札幌延伸への課題
北海道新幹線の第2ステージ。先行する「北陸」に対し「北海道」はどう動くのか。

どう見る 地方分権と本道開発
道内外の有識者13人が地方分権と北海道開発の可能性を語る。

新幹線時代を迎えて
函館から、北海道新幹線のリポート。

北東アジア経済調査団同行リポート
2003/11/7~12掲載。

ハードランディングの衝撃 長野モデル
土建王国の解体。長野県の建設業ハードランディングの実態を明らかにしました。2003/5/23~30掲載。

サハリン訪問団同行リポート
北海道サハリンビジネス交流支援協会主催の訪問団同行取材記。2002/2/14~20掲載。

新しい連載・特集はこちら

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第115回は食べる量。体格よりも習慣 に影響を受けます。腹八分目よりも、 カロリーのコントロールが大切です。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。