道都再生への胎動

連載・特集~紙面から~

道都再生への胎動
 変わりゆくまちの姿 第2部

 道内経済の中心地である札幌都心部に「札幌駅前通地下歩行空間」という新たな交通インフラが誕生した。東日本大震災の発生以降、観光客の姿が消えたかに見える札幌の街だが、利便性の高いこの空間には連日、人波が絶えない。JR札幌駅周辺と大通の両地区で計画されている再開発の呼び水になるとの声も聞かれる。「道都再生への胎動―変わりゆくまちの姿」の第2部では、両地区周辺の動きを報告する。

目次

(1)大通地区活性化に寄与 札幌駅前通地下歩行空間が供用(2011年03月29日掲載)

(2)新たなにぎわい創出へ 南1条地区に地下歩行空間を(2011年03月30日掲載)

(3)13年度着工を視野に 北8条西1丁目の大規模整備(2011年03月31日掲載)

(4)新たな施設建設が浮上 札幌総合卸センターでも機運(2011年04月01日掲載)

(5)苗穂駅移転、具体化へ 北4東6は都市計画決定が左右(2011年04月02日掲載)

札幌駅前通を中心とした「道都再生への胎動 第1部」も合わせてお読み下さい。
道都再生への胎動

ページの先頭へ

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。