190万都市・冬の行方 苦境に立つ除雪業者

連載・特集~紙面から~

190万都市・冬の行方
苦境に立つ除雪業者

 厳冬期の深夜から明け方にかけて巧みな操作で重機を操り、雪をかき分けていく。言いしれぬ苦労が連続する中、市民生活確保を目指す使命感が、過酷な作業へと突き動かす。年間降雪量が5―6mにも達する大都市札幌の冬を長年支え続けてきた除排雪業者が苦境に立っている。このまま支え続けられるか。除排雪業者を取り巻く現状や抱える問題点に迫った。

目次

(上) 受注環境が激変(2010年10月22日掲載)

(中) 減り続ける冬の担い手(2010年10月23日掲載)

(下) 実態に見合った改善を(2010年10月26日掲載)

ページの先頭へ

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。