復興 第1部 被災地の道内建設業

連載・特集~紙面から~

復興 第1部 被災地の道内建設業

 東日本大震災の被災地復興に向けた工事が、これから本格化する。津波によって破壊し尽くされた三陸沿岸の各地では多くの被災住民が今なお仮設住宅で暮らし、一日も早い復興を待ち望んでいる。北海道の建設業は、歴史的に結び付きの深い東北の再生にどのように関わっていくべきか。第1部では岩手、宮城の両県で復旧・復興に携わる道内企業の現状を5回にわたり報告する。

目次

(1)「信頼」胸に迅速対応-いち早く岩田地崎が行動(2012年3月14日掲載)

(2)実績重ね次の受注を-伊藤組土建が汚水管復旧(2012年3月15日掲載)

(3)直後から自治体支援-ドーコンと日本データーサービス、業務拡大へ(2012年3月16日掲載)

(4)日本仮設、カナモトも参入-藤井工務店、受注活動を強化(2012年3月17日掲載)

(5)建設業の総力結集を-深松組社長深松努氏、復興JVで迅速に(2012年3月20日掲載)

ページの先頭へ

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。