おとなの養生訓

第16回
「趣味の効用」 気分転換、ストレス解放

のビジネスマンは「無趣味」なんて答える人が多かったものですが、今では、多くのビジネスマンが何かしらの趣味を持っています。では、趣味とはどういうものなのでしょうか。国語辞典をみると、「仕事、職業としてではなく、個人が楽しみとしている事柄」とあります。仕事でないということは、余暇や自由時間に行うことともいえるでしょう。

 でも、人はなぜ、趣味を持つのでしょうか?これには「楽しみ」であるということが重要です。楽しみでないことを趣味にする人はいないはずです。仕事じゃないけど楽しいことだから、続けるというわけです。

 逆に仕事はどういうことか考えて見ます。もちろん、仕事を楽しみだと思っている人も多いと思いますが、「仕事が趣味だ」というのは、辞典の定義から外れることになります。

 仕事は時間的にも、行動的にも多くに制約、強制が伴います。嫌なことでも仕事ならやらなければなりません。同じことを繰り返し行うことも強制されます。でも、そのかわり収入が得られるというわけです。

 つまり、仕事は基本的にストレスであるということです。人は継続的にストレスにさらされ続けると、それを乗り越えるために、ストレスホルモンが体内に分泌され、体の性能を上げ、エネルギーを動員します。

うして、大抵のストレスを乗り切るのですが、ストレスが長く続くと、ストレスホルモンを使い切ってしまい、体が急速に疲れ切ってしまいます。体調が悪くなり、精神的にも落ち込んでしまいます。ですから、休みなしで仕事を続けることは、それがどんなに好きなことであっても、体を壊すことになるのです。

 仕事を続けるためには休日が絶対に必要なのです。そして、休日には仕事関係のことをしないことが大切です。そうしないと、ストレスから解放されません。かといって何もしないで過ごすのも難しいわけで、そこで趣味を楽しむことになります。

 趣味による気分転換や、ストレスからの解放に、意義があるのです。とすれば、仕事が趣味というのはあり得ないことになります。また、飲酒が趣味というのも違う気がします。何せ、飲酒は体に対してストレスであることは証明済みだからです。みなさん、「仕事」と「飲酒」以外の趣味を持とうではありませんか。

(札医大医学部教授)

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。