おとなの養生訓

第22回
「晩酌」 緊張感なく酔い回り早く

酌という言葉があります。これは文字通り、夕方あるいは夜にお酒を飲むことをさしますが、通常は、自宅で夕食とともにお酒を飲むこと、あるいは、お酒とつまみで夕食の代わりとすることを意味していることが多いようです。最近は晩酌セットなんて居酒屋でやってますが…。

 親しい飲み友達などと話していると、必ず意見が合う事柄に、「晩酌は回りが早い」というのがあります。確かに、宴会や飲み会等に出ると、1次会だけでは足らずに、2次会、3次会と回って、さんざんお酒を飲み続けるのに、家で晩酌してると、ビールを1缶飲めば、もう酔いが回って顔が真っ赤になります。2缶も空けると、テレビを見ながらソファで居眠り…。どうしてこんなにも違うのでしょうか?

 どうも、自宅にいると〝油断〟あるいは〝リラックス〟しているためではないかと思われます。リラックスといえば、自律神経の働きが大きく関係します。まず、アルコールは自律神経に直接的な影響を示すことはあまりありません。飲み進めてアルコールの量が増えると、血管が開いて、体が温かくなります。これは自律神経が働いたと考えがちなのですが、実はアルコールが代謝されて生じるアセトアルデヒドが直接血管を拡げるためなのです。

て、宴会など外でお酒を飲むときは、お酒を飲む前からある程度緊張していると考えられるので、すでに交感神経が働いています。交感神経はもともと血管を締めて血圧を上げるように働くので、アセトアルデヒドの血管拡張作用を抑えると思われます。

 なので、体が温かくなりにくく、酔いが回りにくいと感じるのです。一方、晩酌の時は、当然ながら、リラックスしています。こういうときは、交感神経はほとんど働きません。そこにアセトアルデヒドが出てくるので、血管はよく開いて、体が温かくなり、酔いが回りやすくなるのではないかと思われるのです。だから、晩酌がとりわけ体に悪いとかいうわけではないのです。

 また、外で飲んでいるときは、アルコールの作用が弱い訳でもありません。酔いが回りにくいのをいいことに、たくさんアルコールを飲むことになってしまいがちです。結局、酩酊、二日酔いといったツケが後からドカンと来ます。ご用心を。

(札医大医学部教授)

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第111回は朝食抜き。ビジネスマンの 場合、しっかり取って集中力を高めた ほうが、メリットが大きいです。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。