e-kensinスマイルのトップページ(ログインページ)はこちら
http://e-kensin.net/sp/
        ※パソコンではご利用頂けません


スマートフォン新サービスのご紹介

トップページ(ログインページ)

会員様は無料でご利用いただけます

いままでご要望の多かった、北海道建設新聞の情報配信サービス「e-kensin」の会員コンテンツ(一部)をご利用頂けるスマートフォン専用サービスです。パソコンが利用できない出先や現場などの環境でも、普段お使いのスマホでポケットから取り出すように、簡単な操作で入札情報を探り当てられます。
 e-kensinの会員様であれば、登録したスマホからいつでも、どこでも開発局や道庁、市町村など北海道内の発注官公庁の「入札公告速報」と「開札結果」の情報を素早く検索。一度登録を済ませれば認証も簡単です。お知らせメール機能とあわせ、利用者の方々の日常ツールとして「今知りたい」「調べたい」にお応えします。

★☆e-kensinスマイルの手軽さをご体験下さい☆★

                        ※イメージ画像(開札速報)

開札速報      

ご利用前にお読み下さい

※e-kensin会員はe-kensinスマイル会員1台(1アカウント)を無料で登録できます。
※e-kensinスマイル会員登録にはお知らせメールの登録が必要です。
 (お知らせメールの利用は問いません)
AndroidおよびiPhone用に開発していますが、
 他の端末でもご利用頂ける場合もございます。
 (動作や表示を保証するものではありません)
※e-kensin会員でe-kensinスマイル会員未登録の方は、
 パソコンから「入札公告速報」または「落札保留一覧」にある
 「お知らせメールとe-kensinスマイル会員設定画面」で登録を行って下さい。
 (お知らせメールを登録済みの会員は
 「入札公告速報」タブ上にある登録時のお名前から登録を行って下さい)
※e-kensinスマイルの登録時にはお知らせメールを登録済みの会員の方も
 一旦「仮登録」状態に戻りますので、速やかに「本登録」を行って下さい。
 「本登録」を行うまでお知らせメールが届かなくなるのでご注意下さい。
※e-kensinスマイルのログインにはスマートフォンでe-kensinのバナー内もしくは
 アドレス(http://e-kensin.net/sp/)を入力して下さい。

【注意】
「e-kensinスマイル」のご利用にはお客様が加入されている契約内容に基づき、受信料(パケット代)等が別途かかります

e-kensin有料会員の方は、ログイン可能なパソコンでこちらから「e-kensinスマイル」の登録ができます。

e-kensinへの入会がお済みでない方はこちら(入会案内)


以下、「e-kensinスマイル」の登録方法を説明します。

スマイルの詳細説明へ(登録方法をスキップ)

ログインして「入札公告速報」または「落札保留一覧」へ

「e-kensinスマイル」はe-kensin会員専用のサービスです。まずはe-kensinにログインし、会員専用サービス「入札公告速報」または「落札保留一覧」にアクセスして下さい。

落札保留一覧へ

メールアドレスを登録する

「e-kensinスマイル」を利用するには、「お知らせメール」を登録する必要があります。入札公告速報」または「落札保留一覧」ページの上にある「メールアドレスの登録はこちらへ」の「こちら」をクリックします。「お知らせメール」を登録済みの会員は左上部にある「ユーザー名」をクリックしてください。

メール登録へ

このような登録画面が表示されます。

登録画面入力例



e-kensin有料会員の方は、ログイン可能なパソコンでこちらから「e-kensinスマイル」の登録ができます。

ページの先頭へ

e-kensin有料会員の申し込みはこちら

「e-kensinスマイル」は会員専用サービスです。まだ、e-kensin有料会員にお申し込みいただいていない方は、この機会に是非ご検討ください。

料金につきましてはこちらのe-kensin料金表を、会員規約につきましてはこちらをご確認ください。

「e-kensinスマイル」「お知らせ機能」以外にも様々な会員専用サービスがあります。入会案内でご確認下さい。

お申し込みは簡単。下のボタンから、当社への連絡フォームを開き、必要事項を記載の上、ご送信下さい。折り返し当社からご連絡を差し上げます。

入会のお申し込み/お問い合わせ

e-kensinスマイルの登録が済んだらログイン画面へ

ログイン画面

「e-kensinスマイル」を登録された会員はe-kensinトップページのバナー内にあるログインページへの入り口もしくはアドレス(http://e-kensin.net/sp/)をスマートフォンに入力しログインページへアクセスして下さい。

右画像のようなログインページが表示されますので「ログイン名」にスマホログイン名、「パスワード」にスマホログインパスワードをそれそれ入力し『ログイン』を行って下さい。

※『既にログインされています』のメッセージが出る場合『トップページはこちら』からお入り下さい。

※スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末では表示可能ですが、パソコンでの表示はできないのでご注意下さい。





入札公告速報が表示されます

入札公告速報

入札公告速報は北海道建設新聞に掲載される入札公告のうち、申請期間中のものを掲載しています。アクセスした時点では、最新の公告が表示されています。そのほか、入開札日、工期、詳細な参加要件など、可能な限り情報の充実を図っていきます。

初期表示は「発注者」でグループ化された一覧の工事・業務名が並んでいます。「参加要件」の単体、単体/JV、「格付け要件」の一般土木や土木関係コンサルなど工種や業務の格付けおよび申請(期限)が表示されていて、工事・業務名をタップすると詳細ページに移ります。

【画像1】の上部メニュー(オレンジ枠内)の「申請期限」をタップすると参加申請書の手続き期間ごとにグループ化され表示します。

「エリア」は札幌、空知、小樽、函館、日胆、旭川、留萌、稚内、北網、帯広、釧根の各地区ごとにグループ化され表示します。

「開札速報」は開札速報のページへ移動します。


【画像1】の左上部(赤枠内)の「すべて」をタップすると【画像2】の画面が表示され、「すべて」や『発注機関』開発局、道庁、市町村、国その他、『エリア』道央、道南、道北、道東、その他のいずれかを選択し絞り込むことができます。よく見る発注機関やエリアには『初期表示に設定』にチェックを付けておくと便利です。



また、【画像1】の検索ボックス(緑枠内)では【画像3】のような画面が表示され、特定の条件に合った公告を探し出せます。検索ボックスに文字を入力し検索すると「発注者」「工事・業務名」「参加要件」「事業概要」の4項目を対象に検索し、検索文字を自動的に『履歴』として残し、次回は履歴文字をタップするだけで検索が可能になります。(履歴件数は入札公告速報10、開札速報5)









入札公告速報の詳細画面

入札公告速報詳細

詳細画面には「工事・業務名」「公告日」「発注者」「参加要件」「手続き期間」「事業概要」「入札・落札方式」「工事・業務場所」「入・開札日」「工期」が表示されます。

「公告日」は基本的に北海道建設新聞に公告が掲載された日付となっていますので、発注官庁の公告日とはズレることがあります。

※「参加要件」の表記例
 単体/JV=一般土木A/B(JVはA)
単体または共同体で参加可能、工種は一般土木で、格付け条件はAまたはB、共同体は格付けAのみ-です。「/」は「または」の代わりに使用しています。
このほか【地域】地域要件【単】単体の特記事項【JV】共同体の特記事項【その他】-などが使われています。
乙型JVや特定JVに限り、格付け要件が構成員の格付けを表している場合があります。通常の共同体で構成員の格付けを記述する場合は、【JV】の項に記載しています。

ページの先頭へ

開札速報を表示します

開札速報

開札速報では開発局、道庁、国、市町村などの開札結果を入札日当日に随時公表。翌日の新聞を待たずに手元で開札結果を確認できます。

初期表示は入札公告速報と同様に「発注者」でグループ化された一覧の工事・業務名がが並んでいます。落札者や事後公表で当日中に発表された決定業者と金額が表示されます。【取材中】は入札データの結果が未登録の場合に表示されています。工事・業務名をタップすると詳細画面に移ります。一覧での落札額表示は単位・千円で、詳細画面では円表示となります。

上部メニュー(緑枠内)の「落札額」は落札額順に並び変える事ができます。「入札公告速報」は入札公告速報のページへ移動します。

上部(赤枠内)のボックス機能は入札公告速報と同じですが、検索対象は「発注者」「工事・業務名」「落札業者名」「参加業者」「事業概要」の5項目です。また、サイト上部に並んでいる日付(オレンジ枠内)では当日を基準に過去2日分(その日の入・開札日と業者決定日)の開札結果データ、2日後までの開札予定物件をご確認できます。

開札速報の詳細画面

開札速報詳細

詳細画面には「工事・業務名」「発注者」「入・開札日」「落札業者名」「落札額」「予定価格」「参加業者」「事業概要」が表示されます。 金額単位は円です。







新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第109回はうろ。貝類の黒い部分で、 正しくは中腸線。肝臓や膵臓の役割を 果たしています。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。