おとなの養生訓

第36回
「おせち料理」 少しずつ味わうように

しいビジネスマンも、年末年始はお休みを取られると思います。おうちでゆっくり過ごす、帰省する、旅行に出る、いろいろな過ごし方がありますが、どこでも連日ごちそうを食べることになるのでしょう。とくにお正月の定番は、やはりおせち料理。北海道は大晦日の夜からおせち料理を食べる風習がありますから、お正月三が日を含めて、4日間もおせち料理という方も多いかと思います。

 おせち料理には、いろいろな由縁がありますが、全般的に言えることは、日持ちする料理だということです。かつては、正月三が日はお店もお休みのところが多かったので、大晦日までにおせち料理を用意して、三が日は買い物をしなくても済ませられるという、意味合いが大きかったとも聞きます。

 日持ちがする料理というのは、よく火を通した料理、そして味付けが濃い料理です。田作り、栗きんとん、昆布巻き、黒豆、うま煮など、おせち料理は総じて甘い料理が多いのです。お砂糖を使うことが贅沢だったこともあるのですが、お砂糖の濃度が高いと、細菌の繁殖を防ぐことが出来るので、日持ちしやすいことも、一つの理由です。

らに、新巻鮭、鯛の塩焼き、いくら、数の子、煮染めなど塩気の強い料理も並びます。これも日持ちしますね。雑煮も汁まで飲み干せば、かなりの塩分です。これだけ甘くてしょっぱい料理が続くと、なますの酸っぱさが助かるのですが、実はたくさんのお砂糖と塩が入っています。

 おせち料理にはたくさんのお砂糖とお塩が入っています。血圧と糖尿が気になる方には要注意なのです。さらに、お餅や日本酒も付きものですから、糖分の摂取量は相当なものになります。三が日が終わったときには、かなりの体重増に驚く話をよく聞きます。三が日の間に運動不足になる傾向も、これに拍車をかけるのでしょう。

 だからといって、折角のお正月におせち料理に手を付けないのも、寂しいものです。さて、どうしたものでしょうか。一つの方策は、いろいろなおせち料理を少しずつお皿にとって、ゆっくり味わうようにすること、雑煮のお餅は、一食あたり2個ぐらいにとどめることでしょうか。大晦日に煩悩を打ち払ったはずですが、正月早々、煩悩にくるしむのでしょうか…。

(札医大医学部教授)

新着ニュース

ニュース一覧へ

入札公告速報

入札公告速報一覧へ

連載・特集記事 ~紙面から~

おとなの養生訓 おとなの養生訓
第118回は柳陰。江戸時代のカクテル です。スッキリと口当たりの良いお酒 は、暑さしのぎにぴったりです。

はばたけわこうど2017 はばたけわこうど2017
2017年春、建設業の世界へと はばたき始めた、新入社員の 声を紹介します。

マイナス金利時代を聞く マイナス金利時代を聞く
マイナス金利政策が道内の企業や建設業に与える影響と、今後の経済動向について聞きました。