会社の歩み

1958年 道通を設立、道通日刊建設と北海道開発年鑑を発行、役付職員名簿を創刊
1959年 「社訓」を制定
1962年 ブランケット判14段組み2ページを発行
1963年 社名を現社名に変更、新聞題号も改める
1965年 週1回4ページを発行
1968年 「当社の方針」を制定
1972年 本社社屋を現在地に新築
1973年 新聞を毎日4ページ建てとする
1975年 北海道新聞販売店を通じ、札幌市内の戸別配達開始
1976年 全道一円の戸別配達を道新販売店により開始
1977年 時事通信社と「ファックスニュース同報サービス」契約をする
1978年 「編集綱領」を制定。社団法人日本専門新聞協会に加盟
1979年 東京機械製BHK-24オフセット輪転印刷機2台と折機を導入。社屋を増築
1980年 週5回6ページ建て(日曜を除く)にする
1982年 輪転印刷機(BHK-30)1台を増設。有料部数1万部を突破
1983年 毎日6ぺ一ジ建て、週1回8ページ建てに。社団法人日本ABC協会加盟
1984年 写研製電算写植機を導入、制作全行程のCTS化完成
資本金を1,500万円に増資。随時8ページに、1行13字のK字を採用
1985年 「編集規範」を制定。
1986年 定年を60歳に延長。資本金を2000万円に増資
1987年 さっぽろ市内版を日刊化。資本金を3000万円に増資
1990年 月2回の週休2日制実施。本社新館を増設
1992年 輪転印刷機(BHK-30M)1台を増設
1996年 完全週休2日制実施。将来のOA機器増大に配慮した新社屋が9月末完成
1997年 空知・小樽・北見の3支局を支社に昇格
1998年 会社設立40周年記念式典を開催
1999年 日本専門新聞協会建設省専門紙記者会に入会。
2000年 記者にパソコンを配備。本社-支社局間にコンピューターネットワーク構築
2001年 インターネット・ホームページの開設。建設業者格付要覧(隔年)を創刊
2003年 新組版システムが始動。会社設立45年にちなみ愛称は「はまなす45」
2004年 輪転印刷機(BHK-30)1台を増設しカウンタースタッカーを新設。20ページ体制へ
2005年 「e-kensin」Web事業開始
2006年 月尾嘉男著『未来フロンティア紀行』を出版。記念講演会を開催
2008年 会社設立50周年記念式典を開催。50年史刊行。輪転機、折機更新。1行11字化
小林好宏・佐藤馨一共著「北海道開発の役割は終わったのか」を出版
2009年 札幌市政記者クラブ、北海道経済記者クラブに加盟
2010年 2面、3面を「民間・総合」版に紙面刷新
2010年 北海道中小企業家同友会の機関紙「中小企業家しんぶん・北海道版」の受託
2011年 Web会員向けメール配信サービスを開始
2012年 北海道警備業協会の機関誌「北斗星」の受託
2012年 NEC新聞製作システム「SUPER DIGITORIAL」導入
2012年 真砂徳子「真砂徳子の起ーパーソン」電子出版
2012年 「社訓」「当社の方針」「編集綱領」の改訂
2013年 第一国会記者クラブに入会
2014年 サテライト機(HBP1300)、輪転機(BHK1000)を導入
道政記者クラブ入会
日経テレコンに記事データ提供開始
2015年 BCP(事業継続計画)策定
スマートフォン採用など社内新電話システムを導入
ジーサーチに記事データ提供開始
2016年 「引き裂かれた大地 立ち上がる建設業者 ―2016.8台風災害の記録―」を発刊
ファクティバに記事データ提供開始
2017年 ニュースサイト「e-kensin」と会員専用サイト「e-kensinプラス」をスタート

  • 東宏
  • 川崎建設
  • 北海道認定リサイクル製品

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

清田区里塚の被害甚大 大規模な地盤沈下、道路陥没も
2018年09月11日 (6,027)
地下鉄麻生駅近くに商業施設 ビッグが遊技場跡地を取得
2018年10月05日 (2,539)
釧路に新名所「釧之助本店」がオープン 水族館や食堂も
2018年07月06日 (2,478)
2019年1―2月にオープン ベガスベガス釧路店新築
2018年05月04日 (2,011)
薄野のビル4棟売却で11月にも契約 第一興商
2018年10月01日 (1,705)

連載・特集

連載 月尾嘉男 北海道150年を支えた偉人new

北海道150年を支えた偉人
北海道の歴史に名を刻む人物を紹介します。

連載 道総研 研究・活動報告2018

明日を支える
昨年に引き続き、北海道立総合研究機構建築研究本部の取り組みや課題を紹介します。

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第145回は「ラーメンの危機」。地震の影響でラーメン横丁やススキノの人影が減っています。私たちで元気づけましょう!