夕張IC構内で全道の除雪車オペレーター精鋭が腕前競う

2017年08月30日 19時16分

競技後に優勝した紺田さんがデモンストレーションで腕前を披露した

 精鋭たちが腕前を競う―。東日本高速道路北海道支社とネクスコ・メンテナンス北海道は29日、夕張IC構内で第4回除雪車チャンピオンシップを開催した。道内全6事業所で除雪を担当する精鋭オペレーター18人が一堂に集い、除雪技術を競い合った。個人戦では、岩見沢作業所に所属する紺田勇斗さんが優勝し、団体戦でも同作業所が栄冠をつかんだ。

 2014年1月に釧路で開催したふゆトピア・フェアの除雪機械競技会を参考に、両社は同年から開催。6事業所に配置する除雪オペレーター約640人から選ばれた精鋭18人が腕前をぶつけ合った。

 競技は70点満点の減点方式で、安全知識や除雪の確実性、重機の操作性が評価項目。乗車前の安全点検から始まり、左カーブコース2カ所にセットした砂をどこまできれいに除去できるか競い、その後はS字のスラロームで走行タイムを計り、ドラム缶に設置した砂をマルチブレードで除去し、最後に車庫入れを行うという、難易度が高いコース。

 個人戦で優勝した紺田さんは、第2回大会に続き2度目の優勝。得点は満点で、2位だった室蘭八雲作業所の照井康司さんとは同点で、タイム差で1位を勝ち取った。紺田さんは「優勝は狙っていたので最高に嬉しい。スピード感には自信があったが、今回は全体的によくできたと思う。団体の方も〝ことしこそは〟という気持ちで臨んだが、優勝できて嬉しい」と喜びを爆発させていた。

 個人戦3位は、帯広夕張作業所の鷹巣健太さん。団体戦は準優勝が北広島銭函作業所、3位が帯広夕張作業所という結果だった。


関連キーワード: 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

株式会社クリエイター
  • 北海道水替事業協同組合
  • イイファス
  • 川崎建設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

大林組、過去最高の690億円 19年度ゼネコン道内受注高
2020年05月07日 (2,022)
コストコ石狩倉庫店 21年春開業へ
2020年04月24日 (1,494)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,467)
北海道新幹線のトンネル掘削は4.6万m、進捗率27%
2020年05月21日 (1,125)
コロナ禍もニセコのホテル工事続く
2020年06月01日 (985)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第183回は「ウイルスの弱点」。新型 コロナウイルスは石鹸で死滅します。 手洗いは有効な感染防止策です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 大都市圏を狙う
カナモトの挑戦

大都市圏を狙う カナモトの挑戦
道内最大手のさらなる成長の鍵となる 〝ゼネラル・レンタルカンパニー〟の 展望を追いました。