夕張IC構内で全道の除雪車オペレーター精鋭が腕前競う

2017年08月30日 19時16分

競技後に優勝した紺田さんがデモンストレーションで腕前を披露した

 精鋭たちが腕前を競う―。東日本高速道路北海道支社とネクスコ・メンテナンス北海道は29日、夕張IC構内で第4回除雪車チャンピオンシップを開催した。道内全6事業所で除雪を担当する精鋭オペレーター18人が一堂に集い、除雪技術を競い合った。個人戦では、岩見沢作業所に所属する紺田勇斗さんが優勝し、団体戦でも同作業所が栄冠をつかんだ。

 2014年1月に釧路で開催したふゆトピア・フェアの除雪機械競技会を参考に、両社は同年から開催。6事業所に配置する除雪オペレーター約640人から選ばれた精鋭18人が腕前をぶつけ合った。

 競技は70点満点の減点方式で、安全知識や除雪の確実性、重機の操作性が評価項目。乗車前の安全点検から始まり、左カーブコース2カ所にセットした砂をどこまできれいに除去できるか競い、その後はS字のスラロームで走行タイムを計り、ドラム缶に設置した砂をマルチブレードで除去し、最後に車庫入れを行うという、難易度が高いコース。

 個人戦で優勝した紺田さんは、第2回大会に続き2度目の優勝。得点は満点で、2位だった室蘭八雲作業所の照井康司さんとは同点で、タイム差で1位を勝ち取った。紺田さんは「優勝は狙っていたので最高に嬉しい。スピード感には自信があったが、今回は全体的によくできたと思う。団体の方も〝ことしこそは〟という気持ちで臨んだが、優勝できて嬉しい」と喜びを爆発させていた。

 個人戦3位は、帯広夕張作業所の鷹巣健太さん。団体戦は準優勝が北広島銭函作業所、3位が帯広夕張作業所という結果だった。


関連キーワード: 除雪

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

地番や用途地域がわかるe-kensinマップにはヒグマ出没情報や不審者出没情報も地図上で確認することができます。
  • 日本仮設
  • イイファス
  • オノデラ

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

▶e-kensinマップにクマ目撃情報の特設ページを公開
2019年08月27日 (8,093)
▶「e-kensinマップ」がオープンしました。
2019年07月17日 (3,470)
札幌・北5西1、西2街区再開発 新幹線駅と一体的ビルに
2019年09月02日 (3,234)
札幌のラフィラ建て替え、12月にも準備組合
2019年08月27日 (2,880)
新幹線高架化に伴い倶知安駅の線路とホームを西側に移設へ
2019年08月26日 (2,240)

連載・特集

連載 おとなの養生訓new

おとなの養生訓
第167回は「高血圧」。合併症で命を落とす危険もある、深刻な病気です。放置せず治療が必要です。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。