清潔と快適にこだわり トイレユニット「ウォレットTC」

2017年09月06日 08時30分

ウォレットTCの外観 ウォレットジャパン(本社・札幌)は、清潔と快適にこだわった移動式トイレユニット「ウォレットTC」を開発し、ことしから販売している。洋式の水洗トイレをコンテナ型にユニット化した仕様で、設置場所を選ばず、障害者や子育て世帯向けの多目的スペースも備える。トイレの美観を気にする女性や子どもを中心に、イベント会場や公共施設で広く使ってもらいたい考えだ。

 耐久性や耐水性、耐候性に優れた移動式の水洗トイレユニット。輸送コンテナのISO規格に準拠したサイズのため、トラックや貨物船で簡単に運べる。陶器製の便器や手洗い台を設けるなど衛生面にこだわった。

 給水は直結、貯水タンクどちらにも切り替えられる。インフラ環境の整った地域では下水道と直結でき、山間部など整備されていない地域では汚水タンクで対応。外気をタンク内に送り、ユニットの裏から逃がす構造なので、臭いが汚水タンクからこみ上げることもない。

ウォレットTCの室内の様子 車いす利用者向けに多目的スペースを設けていることも特徴。おむつ替えの台もあり、乳幼児と一緒でも安心して使える。

 床はアルミニウム製のしま板なので、水で丸洗いできるなど衛生面を維持できる。発泡ウレタンを70㍉吹いているので断熱性にも優れ、パネルヒーターを1台設置すれば冬でも快適な温空間を十分確保できる。

 基本は幅6058×奥行き2438×高さ2896㍉の20フィートサイズ。小便器と大便器を各4基ずつ設けた男性用と、大便器3基と多目的スペース2カ所、手洗い台5基の女性用を用意。男子用と女子用、多目的スペースを複合した仕様もラインアップする。

 幅2倍の40フィートサイズ仕様も製作可能。コンテナのように積み重ねてストックでき、手狭なヤードでも場所を取らずに在庫できる。基本は4ユニットまで積むことが可能だ。

 ことし1月の発売以降、小樽や札幌市内のイベントなどで使われるようになった。都内の東京臨海広域防災公園で10日に開かれる「ぼうさいモーターショー」でも出展を予定している。

 遠藤吉勝社長は「女性や子どもが気軽に入れる仮設トイレをどんどん広げ、世の中がもっともっと清潔になれば」と話している。


関連キーワード: 新製品

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 川崎建設
  • 北海道水替事業協同組合
  • 東宏

お知らせ

閲覧数ランキング(9月)

大成など3社に優先権 新千歳空港国際線ターミナルビル拡張
2017年09月15日 (2,003view)
1万m²マンションを札幌市大通西28に計画 東急不動産
2017年09月06日 (1,679view)
北海道警察学校新営(3期)17建築 五洋建設が落札
2017年09月07日 (1,338view)
平取町国保病院改築は西松らJVが13.7億円で落札
2017年09月04日 (1,186view)
道東道 新得地区土石流対策を戸田建設に落札決定
2017年09月05日 (1,090view)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

第120回は「汗と爽快感」。皮膚表面の温度低下と、運動したという達成感が合わさり、さわやかな気分に。

連載 空知を語る 24首長new

北・中・南の3地域に24の市と町を置く空知。まちづくりの取り組みを自治体トップに聞いた。