新冠でドローンスクールの開校式 ケイセイマサキが運営

2017年09月12日 07時00分

農薬を散布するドローンのデモも行った 新冠ドローンスクール ケイセイマサキ建設(本社・新冠)が運営する「ドローンスクールジャパン北海道新冠校」が8日に開校した。同社社屋の旧大狩部小で開いた開校式には、関係者70人が出席。インストラクターによるデモンストレーション飛行や操縦体験を通じ、農作業の効率化などに果たすドローンの可能性について理解を深め、地域活性化にも期待を寄せた。

 ドローンスクールジャパンは、ドローン開発・販売のスカイロボット(本社・東京)が全国展開するドローン操縦士育成学校。北海道新冠校が20校目で、道内では初となる。国土交通省登録の講習団体で、管理団体はドローン操縦士協会(DPA)。11日から初心者向け講習を開始した。

 開校式で、校長を務める正木省司ケイセイマサキ建設社長は「ドローンは便利な半面、安全に飛ばさなければ社会問題を引き起こす。当校を利用して多くの操縦士を育て、業務に生かしてもらいたい」とあいさつし、DPAの小林一郎理事長から認定証を受け取った。

 来賓の鳴海修司新冠町長は「開校は、地域の防災や産業振興に大きな意義がある」と述べた。

 赤外線サーモグラフィーカメラを搭載したドローンによる太陽光発電パネルの故障点検などをインストラクターが実演すると、見学者からは1回の飛行時間や機体の価格など質問が相次いだ。体育館で体験操縦した十勝管内で農業を営む男性は「農薬散布に使いたい」と意欲を見せていた。

 正木校長は「日高地方には美しい山脈、牧場、海岸がある。グリーンツーリズムに、ドローン操縦体験を組み合わせた『ドローンツーリズム』を展開できれば」と話している。


関連キーワード: ICT ドローン 新技術

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

航空写真や建設予定地の位置情報などを重ねて表示できる地図ベースの情報サービスです。
  • web企画
  • オノデラ
  • 日本仮設

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

新型コロナウイルス感染症で産業用マスクが品薄
2020年02月06日 (3,085)
236号帯広市稲田―川西間3km区間を4車線化へ 帯広開建
2020年02月10日 (2,924)
コストコ 石狩湾新港に道内2店目を検討
2019年12月12日 (2,134)
日高自動車道大狩部トンネルが貫通
2020年02月15日 (1,729)
ススキノラフィラ 20年5月に閉店 新ビルに建て替えへ
2019年10月18日 (1,492)

連載・特集

連載 おとなの養生訓 new

おとなの養生訓
第178回は「濃厚接触」。電車やバス など人混みを避け、インフルエンザや 風邪を防ぐためにもマスクの着用を。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。

連載 走り出したSDGs~建設業が取り組む意味

走り出したSDGs~建設業が取り組む意味
建設業がSDGsに取り組む意義を 報告。先進的に着手する道内建設業 を紹介します。