日本と台湾の大学生が洞爺湖周辺活性策 北洋銀など協力 

2017年09月13日 09時55分

 北洋銀行と伊達信用金庫は、洞爺湖周辺の観光プログラム提言に向けた札幌市立大など日本、台湾の5大学の学生によるワークショップに協力する。金融機関の視点で捉えた同エリアの観光課題を学生に提供。学生から出たアイデアの実現も後押しする。

 市立大では、2016年度から3年間のスケジュールで、札幌市周辺の過疎市町村の自律的活性化策を研究している。16年度は壮瞥町のみを研究フィールドとしていたが、学生からフィールドの拡大を望む声があり、同大や伊達信金とパイプを持つ北洋銀が周辺自治体との間を取り持った。

 ワークショップには市立大のほか、明星大(東京)と台湾の3大学から計56人が参加。伊達市、壮瞥町、洞爺湖町、豊浦町をエリアに18―23日の日程で開催する。

 学生は現地調査した上で、地域資源を用いた体験型観光プログラムを提案。両金融機関は繁忙期・閑散期の差、観光客が集中している地域など、同エリアの観光の現状や課題を検討のたたき台として提供する。

 北洋銀は「行政や観光協会、ツアー業者などと連携し、出てきたアイデアの実現にも協力していく」としている。


関連キーワード: 地域振興 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

  • 東宏
  • 古垣建設
  • オノデラ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

JR苗穂駅新駅舎と自由通路が11月にも開業
2018年04月24日 (2,858)
東急ハンズ 札幌2店舗目も視野
2018年05月05日 (1,906)
札幌駅前新ホテルが着工 福岡地所が北海道初出店
2018年05月10日 (1,808)
ニトリが千歳に新店舗 北栄2で6月ごろ着工
2018年02月26日 (1,694)
HBC本社建設を熊谷組に依頼、20年春完成
2018年04月05日 (1,639)

連載・特集

連載 おとなの養生訓

おとなの養生訓
第135回は「ジン」。解熱利尿の"薬" が起源です。薬としての効果のほど は怪しいですが、シンプルでうまい お酒です。

連載 明日を支える 道総研建築研究本部 研究・活動報告

明日を支える
北海道建設新聞に連載した北海道立総合研究機構建築研究本部の研究・活動報告を紹介します。