日本と台湾の大学生が洞爺湖周辺活性策 北洋銀など協力 

2017年09月13日 09時55分

 北洋銀行と伊達信用金庫は、洞爺湖周辺の観光プログラム提言に向けた札幌市立大など日本、台湾の5大学の学生によるワークショップに協力する。金融機関の視点で捉えた同エリアの観光課題を学生に提供。学生から出たアイデアの実現も後押しする。

 市立大では、2016年度から3年間のスケジュールで、札幌市周辺の過疎市町村の自律的活性化策を研究している。16年度は壮瞥町のみを研究フィールドとしていたが、学生からフィールドの拡大を望む声があり、同大や伊達信金とパイプを持つ北洋銀が周辺自治体との間を取り持った。

 ワークショップには市立大のほか、明星大(東京)と台湾の3大学から計56人が参加。伊達市、壮瞥町、洞爺湖町、豊浦町をエリアに18―23日の日程で開催する。

 学生は現地調査した上で、地域資源を用いた体験型観光プログラムを提案。両金融機関は繁忙期・閑散期の差、観光客が集中している地域など、同エリアの観光の現状や課題を検討のたたき台として提供する。

 北洋銀は「行政や観光協会、ツアー業者などと連携し、出てきたアイデアの実現にも協力していく」としている。


関連キーワード: 地域振興 観光

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

満喫ひとり船旅!シングルプレミアムキャンペーン(2020年9月1日~2021年3月31日)
  • 川崎建設
  • 日本仮設
  • 北海道水替事業協同組合

お知らせ

閲覧数ランキング(直近1ヶ月)

道内建設会社 毎週5社のペースで消える
2020年08月31日 (3,731)
工事が順調に進展 仮称・苫小牧中央インター線
2020年06月16日 (2,101)
現場の風景 旭川市総合庁舎建て替えと工高生
2020年09月04日 (1,599)
ニセコ・アビエーションが倶知安に「空の駅」
2020年09月15日 (1,348)
日ハムBP起工式 大林組・岩田地崎JV竹中所長の思い
2020年04月14日 (1,072)

連載・特集

英語ページスタート

construct-hokkaido

連載 若返る新さっぽろnew

若返る新さっぽろ
「副都心」ににぎわいを取り戻すため、医療と教育を核とする大規模再開発が本格化。計画が生まれるいきさつとともに街の展望を探る。

連載 会社探訪記

会社探訪記
地域に根差した企業を不定期で紹介します。

連載 深掘り

深掘り
地域発展には欠かせない、新技術と それを発展させたビジネスの創出。 〝勝ち〟にこだわる経営者らの発想や アイデアを紹介します。